20190202-00000041-dal-000-2-view
 阪神の糸原健斗内野手が、キャンプ2日目に早出特守を行った。

午前8時半過ぎに球場に到着すると、メイングラウンドに直行。藤本内野守備走塁コーチがノックを打ち、久慈内野守備走塁コーチが二塁後方で助言する形で開始。激しく左右にも振られながら、必死に白球を追い掛けた。

 キャンプ前に「(練習を)やらなかったら置いていかれる。実戦も入ってくるのでしっかり練習して。早出練習もやらないといけない立場ですし、いっぱい練習して頑張ります」と話していたとおりに早速、有言実行で取り組んだ早出特守。昨季、主戦場にした二塁に加えて、この日は遊撃でもノックを受けた。

 今季は慣れ親しんだ二塁以外でも、試合に出場することを最優先し、自身初のフルイニング出場を目指す。1月の公開自主トレでも、「まだレギュラーではない。任されたところでチームに貢献するだけ。試合に出たいので、矢野さんに言われたところをやります」とポジションにこだわらず、全試合出場の意気込みを明かしていた。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000041-dal-base

 




【この記事への反応】

・昨年一年間通して結果を残したのは糸原だけだし、右への強い打球が増えて成長の跡を感じさせたシーズンだった。
今シーズンはセカンドでもショートでもポジション争いが激しく成りそうだが、昨年の経験を自信にして頑張って貰いたいし、キャプテンとしても選手会長の梅野とタッグを組んで、チームを牽引して貰いたい。
活躍を期待している。

・あとは守備面もう少し磨いて欲しい選手だからね
課題クリア頑張れ

・何があるか分からないから準備はしておいた方がいいですよね。
上本が打ちまくってセカンドを獲ってショート候補の北條や鳥谷がサッパリ打てないとか、当然ありうる。するとショート糸原、と考えるだとう。昨年序盤は、まさにその図式だったわけだし。

・糸原と上本が鎬を削りまくって、結果二人ともパワーアップ。
そうなったら最高やね。

・デイリーらしいデータ収集だな。

・競争は必要だけど、糸原一択だと思うけどなぁ。

・ショートの選択肢はなくして、セカンドかサードに絞った方が本人にとっていいと思うが。

・糸原の立ち位置が難しいんだよな。
上本が好調だと使えないのがね。