20190205-00000041-tospoweb-000-1-view
 阪神が「お土産付き春季キャンプ」を断行している。3日の日曜日はファン5000人が集結。今年の虎キャンプはあの手この手のファンサービスで大忙しだ。

 すでに「ファンを喜ばせたい」を大スローガンに掲げる矢野監督は連日即席のサイン会を実施。オリックスからFA移籍した西、ベテランの能見ら主力組も練習の合間にペンを走らせている。それだけではない。矢野監督は一、二軍全ナインに作製された名刺サイズの自己紹介カードをキャンプ中に「各自1000枚をファンに配るように」と緊急要請したのだ。

 これまでは営業部が中心になって各選手にカード500枚を配布するようお願いしてきたが、今年は指揮官自ら音頭を取って事実上の“ノルマ化”。ナインの間からは「もともと、サインを書かない分、カードは歓迎だったんですが1000枚はとてもさばけない」「街でカードを渡すしかない」など困惑する向きもあったが、そこは応援してくれるファンのためには仕方ない。ある球団幹部も「ウチは人気球団と言われ続けているが、今の時代、あぐらをかくわけにいかない。監督の方針を支えていきたい。ファンの方には球場に来れば何かしら“お土産”を持って帰れるように心掛けている」という。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000041-tospoweb-base

 




【この記事への反応】

・名前と顔を覚えてもらって、ファンがついて、応援してもらって、それに乗りつつ、緊張感を持ってプレーする
それが自身を向上させることにつながり成績上がれば、ファンも喜ぶ
ファンが喜べばまた、励みになってプレーもよりはつらつと……
ファンサービスの相乗効果は延々と続くと思うので、それを意識してやってほしい

・矢野監督のカラーが出てますね!キャンプ地まで来てくれる遠方から来たファンも嬉しいだろうし、子ども達には一生の宝物になるだろう。転売だけはしないでほしいな

・ファンになるきっかけは何もプレーだけではない。
顔だったりふるまいだったり、そういうものも十分理由に足りうる。
まぁ練習に支障がない範囲でやってくれればいいかなって。

・矢野はプロモーション上手
ニュース内のスポーツコーナーで数選手分紹介してくれないかな?

・1000枚?!
えらい量やな。

・フルコンプするファンもいるんだろうな