20190209-00000000-sph-000-6-view
 阪神の大山悠輔内野手(24)が8日、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。昨季はシーズン前半に打撃不振に陥ったが、“脱力打法”で活路を見いだし、終盤の9月に打率4割1分5厘、9本塁打と爆発。開花の兆しを見せた。3年目の今季は矢野監督が4番候補として期待。右方向への打撃を磨き、全試合出場を目指す。「大山世代」と呼ばれるような結果を残せば、20年の東京五輪の侍ジャパン入りも見えてくる。(取材・構成=中村 晃大)

 ―昨季は117試合に出場し、打率2割7分4厘、11本塁打、48打点。開幕戦では巨人・菅野から一発を放ち、全ての数字で1年目を上回った

 「自分の中ではいいスタートダッシュを切れたと思ったんですけど、実際そんなに甘くない。とにかく壁にしかブチ当たりませんでした」

 ―6月下旬には打率が2割4厘まで低迷し、2軍降格。しかし、当時2軍監督だった矢野監督にもらった言葉が転機になった

 「『やるのは自分だから、後悔しないようにしっかり自分の思ったことをやれよ』と。打てない時は考えがブレブレでした。ファームに落ちてからはある程度、自分の中で軸となるものを決められたので、それを継続できたことが9月の結果につながったのかな。(2軍は)10日間くらいでしたけど、本当に大きな時間でした」

 ―9月は16日のDeNA戦(横浜)で3発を含む6打数6安打などと大爆発。手の上下動を増やし、タイミングの取り方を変えたように見えた

 「変えたというよりもリラックスというか、打てなかった時を映像で見たら硬くなっている部分が多かったので。脱力って感じですかね。力を抜くことってすごく勇気のいることだと思う。それが打撃につながったかは分からないですけど、意識してやっていました」

 ―今キャンプでは、浜中打撃コーチと右方向への打撃を強化している

 「癖として右に打つ時にどうしても手だけで操作してしまうので、しっかり自分のやりたいスイングと変わらないように、バットの出し方であったり、そういったものを話しながら練習しているという感じです」

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000000-sph-base

 




【この記事への反応】

・一試合に3本ホームランを打つなんて並の資質では無い。
まさに4番の資質だと思う。
大卒ゆえ、勝負の3年目。
去年の不振を乗り越えたことが礎になり、今年は大ブレイクすると確信している。

・月間9本塁打という昨年9月の成績をもしシーズン通してとなれば50本以上のホームラン!?そこまではいかないにしても、40本は打てるポテンシャルは持ってるはず。守備面での不安が無いので打撃面に集中できるのも大きい。今シーズンもガンガン甲子園に応援に行くのでホームラン期待してます!

・潜在能力があるのはわかった。今年はなんとしても結果を残すシーズンにしてほしい。春先から文句無しに突っ走ってくれよ!相手の術中にはまらないように鍛練のキャンプにしてほしい。期待している。

・去年は無理に右打ちしようとフォーム崩してたね。
意識しなくても右打ち上手だから今年はしっかりバット振り切ってほしい

・大山選手と中谷選手。
個人的にですが、この2人が打線にいてほしい。
軸としてチームを引っ張ってほしいです。

・考え方が大きく成長してるねえ。立派です。大山が4番の役目を果たせばチームも活性化して優勝も見えて来るのでは。

・やっぱり引っ張った時が一番いい打球がいく
このことを頭に置いた上で、逆方向のバッティングも「状況に応じて」やってるわけやな。
単に右打ちばっか狙ってるわけちゃうみたいやな。

・チーム内の競争に勝って、リーグ内、日本代表の中でも主軸になれるように頑張って欲しい。