20190210-00000129-spnannex-000-2-view
 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が10日、沖縄県宜野座村の阪神キャンプを視察した。実戦形式のシート打撃やブルペン投球などに熱視線を送った。

 シート打撃では、昨年11月の日米野球で起用した岩貞祐太投手が登板。「彼はストレートとフォーク。落ちる球は外国人打者に有利なので。左投手は貴重。先発も中継ぎもやってくれるし、そういうところを期待しています」と高い評価を口にし、引き続きマークしていく構えを示した。

 その岩貞からは、ドラフト3位の木浪聖也内野手が右中間三塁打を含む2安打とアピールした。「非常にコンパクトにうまく打っていた」と指摘。左打ちながら、左腕を苦にせず「ファウルになったが、内角真っすぐもライトに引っ張れるという。素晴らしい打撃をしている」と新戦力も早速気になった模様。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000129-spnannex-base

 




【この記事への反応】

・若手の中のジャパンだから岩貞、大山、中谷らが候補に上がっているが本番のWBCではそうはいかんだろう。
今年の結果次第では候補に上がるだろうが昨年の成績では厳しいと思う。
やはり投手は二桁勝利、打者は3割20本塁打を打てれば真のサムライジャパンに選んでもらえる可能性が高い。
頑張れ若虎達!

・選ばれるかどうかは別として、日本代表候補として熱視線をもっていると代表監督が発言することは、選手としてもモチベーションになるはず。とりあえず、それでいいと思う。

・木浪選手は左の岩貞投手から2安打したのは大きな自信になったでしょう。

・藤浪が一番の戦力にならないとおかしいのですが。
菅野とダブルエースになって欲しいわ。

・なんか木浪の評価がいいなぁ 結果も出てるし北條や鳥谷に植田もうかうかしてられないだろうね こりゃシーズンが楽しみだわ

・大山はもう一度稲葉を振り向かせる活躍を