a1afa3125d9d0d1c32b64164f083c54b_content
 プロ野球、阪神2軍は10日、今キャンプの恒例となっている練習前の声だしを育成ドラフト1位・片山雄哉捕手(24)=BCリーグ福井=が担当した。

 「1シーズンで支配下に上がり、1軍の試合に出ることです。そのために今できる最大限の努力をし、ケガのない体を作るためにがんばっていきます」と今季の目標を大きな声で宣言すると、スタンドのファンからは拍手が起こった。

 片山は11日の四国銀行との練習試合にスタメン出場する見込みで、早速アピールの場となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000526-sanspo-base

 




【この記事への反応】

・捕手層の年代偏ってる状態での獲得だからやれる可能性は十分あると判断しての事でしょう
少なくとも今年は原口に絶対無理はさせられないし、片山の立場ならここは大きなチャンスでもある頑張って欲しいね

・プロに入団してしまえばドラフト順位など関係ない、と言うけど実際はそんなことはないからね~。
まぁ、甲斐みたいな例もあるし、前向きに頑張ってほしい。
まずは小宮山を越えないと支配下には登録されないだろうね。

・育成から支配下になる条件は1軍で必要な戦力である事なので結構ハードルが高い。
長坂岡崎より使える事が条件になるね。原口の打力や甲斐の肩など育成から支配下になるにはわかりやすい特徴があると良い。

・こういう選手が上に上がってくるとチームは強くなるはず。ハングリー精神をもって頑張れ!

・その気持ちは大事だ!

・左打ちの正捕手は長いこと出ていない!!
大いに気張って欲しい^^