20190210-00000182-sph-000-1-view
 阪神・藤浪晋太郎投手(24)が11日の紅白戦で、今年初となる実戦登板に臨む。沖縄・宜野座キャンプ初日から精力的にブルペン入りし、この日も76球で状態を確認。ここ3年間で計15勝から完全復活の第一歩へ「打者に対してどういう投球ができるか。確認しながら、課題としてもやっていきたい」と意気込んだ。練習の合間には、小学生100人限定でサイン会も実施。ファンサービスにも積極的な右腕は「ストライクをポンポンと取っていって、よほど(投球内容が)変でなければ(問題ない)。普通に投げられれば、普通にアピールもできるかなと思います」と平常心を強調していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000182-sph-base

 




【この記事への反応】

・普通に投げて勝つ難しさを一番感じておられる投手だからね、いい状態の普通を明日は見つけて欲しいね、様は普通に投げて打者に当てない投球が理想ね、明日頑張ってね!

・気負わず普通にやって欲しい。
圧巻のピッチングはまだ必要ないから球のキレとシュート回転しない様な投球を期待している!

・そう普段から普通に投げたらいい。
公式戦でも力いっぱい投げるのではなく7、8分の力で投げても十分抑えることができる。

・この前も子供たちの長蛇の列に、しゃがんでサインしてあげていましたね
やさしい人柄が表れています
今シーズンは結果を出して欲しいです

・マウンドでの首を傾げる動作がなくなってることを望みます。
マウンドの上でだけは自分とではなくバッターとしっかり勝負してもらいたい。
マウンドの上でまで完璧を求めなくてもよい。
今年は吹っ切れた藤浪がみたいです。

・是非とも現時点での全力投球を頼みます

・通年で全力投球でストライクとボールを分けて投げれりゃ、10勝は間違いない