20190214-00000051-dal-000-2-view
 阪神2軍の安芸キャンプ。宜野座キャンプ組に負けじと選手が闘志を燃やし、日々、鍛錬を重ねている。小幡ら新人や熊谷、高橋遥などの若手だけでなく、経験のある岩田、伊藤隼らも虎視眈々(たんたん)と1軍の座を狙っている。

 「選手たちのやってやろうという意気込みを感じるよね」と、平田勝男2軍監督(59)。30歳を過ぎ、一般的には中堅、ベテランと呼ばれる選手たちの存在に対し「安芸組はベテランなんて選手はいない。“なにくそ”と思っている選手は多い。若手だよ。みんなが働き盛りだよ」と指揮官は強調していた。

 9時半から全体練習を開始するファーム。その中で1時間前から球場に降り立ち、特守を受ける選手がいる。山崎憲晴内野手(32)だ。横浜(現DeNA)時代から全体練習の開始時間より前に球場入り。継続して特守に励んできたという。今キャンプでも、高代2軍チーフコーチに志願。二塁や遊撃の守備位置で、果敢に白球に飛び込む姿が印象的だ。休養日も球場に詰めかけ、黙々とマシン打撃を行うなど、余念はない。

 内野守備はどこでも守れるユーティリティープレーヤー。「シーズンが始まるこの時期、もちろん『レギュラーを取るんだ』という気持ちでやっている」と、山崎は語気を強める。新人の09年に8番・三塁で開幕スタメン。13年、14年もレギュラーとして活躍してきた。定位置奪取へ。冷え切ることのない情熱を胸に。シーズンに向けての戦いを背番号32は着々と見据える。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000051-dal-base

 




【この記事への反応】

・危機感という意味では一軍も二軍も同じ。
要は公式戦で結果を出せば良いだけの事。
マスコミファンが多い沖縄と違い寂しいがかえって課題に向け集中してトレーニングできる。おそらくここにいる選手は控えになるだろうが代打、守備固めで脚光をあびる時が必ずくるからモチベーションを保って頑張って欲しい!

・この中から投打一人ずつでも一軍に定着できれば一軍の層が厚くなるんだが。

・写真見たら横田頑張ってるね。

・熊谷頑張れ!

・内野のユーティリティとしてルーキーの木浪が一軍キャンプで猛アピールしている。山崎、荒木あたりはうかうかしてられないだろう。

・働きたい盛りやね、「働きたいねん!」そんな言葉が聞こえそうやな、特に実績の無い方は今年に賭ける思いも強い頑張って下さい、開幕はまたまたや!

・横田頑張ってよ。この輪の中に原口も早く加わりたいだろうな!いや、一軍の輪の中だな。

・横田!めっちゃがんばれ!甲子園でみんな待ってるぞ。