20190214-00000034-dal-000-3-view
 阪神の掛布雅之シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、63)が13日、沖縄県内でキャンプを張るDeNA、ヤクルトの練習を視察。両チームとも戦力の底上げを肌で感じ、「厳しいペナントになる」と警戒した。カギは本拠地の戦い方。キーマンは投打で鳥谷、藤浪を挙げる。

午前中から向かった宜野湾では、室内練習場で筒香や宮崎、ソトらの打撃を見た。正午過ぎには浦添に移動し、小川監督と熱心に話し込む。前日には中日キャンプも視察。14日に巨人、15日には広島のキャンプを訪問し、セ・リーグ6球団の戦力チェックを終える。

 「阪神を3日間見て、かなり戦力が上がったと感じた。ただ、他球団を見ると、そう簡単じゃない。ファンの人からしたら、楽しいペナントになるんじゃない」。この2球団に加え、大補強の巨人、3連覇中の広島も攻撃力が高い。それでも「投手の層は厚い。他球団より有利」と分析する。

 カギは本拠地。昨季、21勝39敗2分けと苦しんだ戦いの打開策として、投打のキーマンを指名する。「鳥谷の顔を見て安心した。チームの刺激になり、起爆剤になれば。あとは藤浪だね」。願うは14年ぶりのリーグ優勝だ。「どこが広島の4連覇を阻止するか。その1番手が阪神であってほしいね」。混セを抜け出すために、不可欠な存在として期待した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000034-dal-base

 




【この記事への反応】

・DeNAもヤクルトも打線がしっかりしているし、投手力さえ整えばいいところに行くだろう。ただDeNAはホームランは多くても得点は少ない去年の戦い方のままだと同じ轍を踏むこともあり得る。そこんとこをラミレス監督がどう修正できるかも鍵になりそう。

・鳥谷敬選手は確かに日焼けして逞しく顔付きになってたね
少しでも野球界発展の為にアドバイスしてあげてください

・本当は掛布監督が見て見たい。
優しいから順位は期待はしませんが

・阪神とヤクルトで2位を争う所までいきまっしょい

・最終的には巨人より阪神の方が上にいると思う

・結局のところ阪神はマルテ次第なんだろうな

・ヤクルト青木の存在が大きい。

・スポーツ紙はやたら、巨人が戦力大幅アップして広島の対抗馬のように報じているが、実際には昨年から若手が順調に成長しているヤクルトや、今年は先発投手が普通に活躍するであろう横浜の方が、広島の脅威ではなかろうか。

・ヤクルトと横浜はどちらも投手がどうなるかにかかってくるだろうな。どちらも元々打線が良いチームだから、そこに安定した投手力が加わると阪神にとって脅威になるだろう。
ヤクルトは去年大車輪の活躍だった石山、近藤辺りが今年も機能するのかどうか。去年の阪神も高橋、岩崎、マテオらが軒並みパフォーマンスを落として苦しんだからな。
横浜は先発かな。東が開幕絶望というのはかなり痛い筈。今永、浜口らが十全に力を発揮してくれないとしんどい戦いになるかもね。