20190221-00000035-dal-000-2-view
 阪神・大山悠輔内野手(24)が午後からの特打で魅せた。95スイングで柵越え13発。中には左翼席後方の防球ネットを揺らす特大弾も。豪快なアーチに観客も思わず“スゴっ”と絶句していたほどだ。

 午前中の打撃練習後には小久保氏に自ら歩み寄り、アドバイスを求めた。「ちょっとバッティングのことを聞かれたんで」とインパクトの瞬間の話をしたことを明かした同氏は、「まだまだ飛ばせる能力があると思うので。いつも(シーズンの)最後だけ上がってくる。開幕からできれば、去年の岡本(巨人)のようにね。それぐらいの力があると思うので」と期待する。

 浜中打撃コーチは「午前中の打撃は手打ちだったけど、午後からは下半身主導で打てていた。久しぶりにいいバッティングだった」と絶賛した。キャンプ序盤から「下半身を使った打ち方ができるかどうかが自分の課題」と話していた矢野阪神の4番候補。同じ“三塁手の大砲”から受けた助言を胸に、さらなる進化を遂げる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000035-dal-base

 




【この記事への反応】

・小久保がNHKの解説の時にフォロースルーが大きくて、自分好みのバッターだとべた褒めしていたのを記憶している。
同じようにフォロースルーが大きかった小久保にアドバイスを求めるのは大山にとって最高のヒントになる筈。
これを機に大きく羽ばたいて欲しい。
勝負の3年目、岡本に負けないと個人的には思っています。

・自分から聞きにいくって姿勢は素晴らしい事だと思います。
期待しています。

・大山はこの機会に技術的なことをドンドン質問すればええのに。
濱中よりよっぽど理論派やし“引き出し”も多いと思うで。

・やってもらわないといけない選手なので、最初から飛ばしてほしいですね。若いと言えども24歳。岡本は高卒出身なので、やはりその差はあると思う。遠くへ飛ばす能力はずば抜けているので、後は打席で迷わない事ですね。

・これを聞いた大山がどう受け取るのか。
年下の岡本以上に活躍してみせるくらいの気概は持って欲しいね。

・岡本ぐらいじゃなくて岡本以上であってほしいし本人にもそういう意識でいてもらいたい

・大山は下半身で力をためてボールを呼び込めているときは調子が良いけど、悪いときは来るボールに上半身から合わせにいっている。
ここ最近の実戦は調子が悪いけどこの時期で良かった。