20190303-00000028-dal-000-2-view
開幕ローテ入りを狙う2投手の課題が浮き彫りとなった。阪神先発・岩貞祐太投手(27)が4回1失点ながらも3四球。2番手の才木浩人投手(20)も4回3失点と結果を残せなかった。

 岩貞は初回から制球に苦しんだ。先頭の三森、古沢に連続四球を与え1死一、二塁から美間の左前適時打で先制された。2月21日・広島戦登板時から足の上げ方を変えるなどフォーム修正を図っていたが、この日は「うまく着地できないボールが多かった」。

 二回からは足の上げ方に少し変化を加えたと話す。安打と四球で走者は出したがゼロに抑え「次に生かせるところはあった」と収穫を得た。

 才木は今年実戦最速の148キロをマークしたが、三振を狙ったフォークや直球が決まらない。六回無死一塁では、黒瀬にカウント3-1から真ん中高めに甘く入った直球を中越え2ランとされ「カウントを悪くしたことが打たれた原因」と反省。「真っすぐでファウルを取るとか変化球でカウントを取るとか、しっかり直していきたい」と課題を挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000028-dal-base

 




【この記事への反応】

・才木は徐々に良くなる。昨日のチェンジアップが良かった。
これで緩急が付けられる。100%で投げている時は力みがあり、制球力が定まらない傾向は去年と同じ。80%で投げても球威があるよ。
コントロールもよくなる。次回に期待。

・岩貞は良くも悪くも今まで通りと思う
立ち上がりに課題があるのでそのまんまの投球した感じ
それはそれで困るのだが、4回1失点ならそこまで悲観することもない
才木は調子が上がってこないね
一番期待している若手なんだが、、、

・投手陣が充実していると言われていたが、メッセ、西、ガルシアに続く四番手以降の先発がしっかりしていない。
才木にはかなり期待していたが、ちょっとしんどいかな?

・課題が残っているのなら、その課題を一つ一つ克服していってほしい!シーズン開幕までにはベストの状態に持っていってくれよ!!

・オープン戦で使える球種の習得や、精度の確認の段階でしょう。悲観することはない。
開幕に間に合えば良いこと。
今は全てが経験です。

・今年も厳しい闘いが続くが、頑張れ!

・まだこれからですよ。開幕に調子をあわせていくとよいですね一喜一憂すべきでないです。