20190309-03091103-nksports-000-8-view
阪神のドラフト2位小幡竜平内野手(18=延岡学園)が教育リーグの中日戦で好守を連発した。「9番遊撃」で先発し、初回無死一塁で左翼に抜けそうな当たりに飛びつき好捕。4回にも痛烈な当たりをさばき、先発のメッセンジャーから労われた。

この日実戦デビューした中日ドラフト1位の根尾は、同学年で同じ遊撃手と意識する存在。「同じ世代ですし、そこは負けたくないというのがあります」とメラメラ。一方で「(根尾)フィーバーを感じました。やはりスターだなと。(自分は)これからです」と笑顔を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-03091103-nksports-base

 




【この記事への反応】

・「負けたくない」じゃアカン。
絶対に根尾の上を行くくらいの気概でやれ。
一流のプロはシーズンに入ってからも、地道な努力を重ねながら好守だけやなくて好打も続けとるんやさかい。

・打つ方が時間かかるだろう

・この世代は特に優秀。根尾、小園、藤原、吉田のBIG4以外にも優秀な高卒ルーキーが多い。田中世代や大谷世代に次ぐ根尾世代として注目されるのだろう。

・ 打てる野手が一人でも欲しいんや

・ドラ1とドラ3が かなり頑張っとるで…小幡選手も 高卒ルーキーやけど 期待されてのドラ2や 近い将来 必死に練習して必ず出て来てくれ。

・ドラフト終了後の解説者たちの球団別採点ほどあてにならないものはない。

・今のところ、D2位は正解、田中スカウト?かなグッドジョブ

・去年の今頃、熊谷も「守備は新人離れ」と言われていた。
植田海もそう。
でも結局、打てなければ出番はない。