20190313-03121177-nksports-000-3-view
阪神浜地真澄投手が12日、1軍生き残りをかけて16日西武戦(甲子園)に登板する。「結果が出ないとファーム行きだとずっと思っている。結果を求めてやっていきます」。

前回登板した9日の日本ハム戦(甲子園)では、大田、中田に被弾を許して3回4安打2失点。「1軍の打者は甘くなると打たれると痛感した。コースが甘くならないようにしたい」と気合を入れた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-03121177-nksports-base

 




【この記事への反応】

・浜地は秋山の匂いがする。才木や小野にない制球力の良さは、経験さえ積めばゲームが作れるようになるからだ。身近に西というお手本もいる。
浜地と高橋遥は派手ではないが意外と若手では一番早く先発陣に入る予感がする

・前回もソロホームランでしか点は取られてないのだから、甘くならないようにだけ気を付ければ良い。それができるコントロールが浜地にはあるはず。

・メッセンジャー、西、ガルシア、岩貞投手の4人に5枠目は秋山投手が入ってくると思います。
そうするとあと1枠…青柳、浜地、高橋遥投手の争いでしょうね!

・才木、望月、小野と速球派若手が次々脱落して気がつけばいつものメンバープラスFA。
頼む!1人ぐらい期待の新星が残ってくれ!

・将来のエース頑張れよ

・活躍して鰤になれ!

・先発ローテ、残り2枠は秋山、青柳、そしてこの浜地に絞られましたね。
誰が勝ち取るのか楽しみです。

・藤浪がいない間は浜地が頑張ってくれ!

・多少甘くいっても球威で打ち取る
若いうちはそういう投球で良いと思う!!