20190316-00000021-tospoweb-000-1-view
 以前にも本紙を通じて護摩行への参加を藤浪に呼びかけている池口法主は「(藤浪は)本当に素晴らしい才能を持っている方。何とか役に立てることがあれば」と切り出し「彼の一番の問題は、やはり精神面にあると思います。護摩行に抵抗があるなら、禅など他の方法もあります。それに何よりもまず、私は藤浪さんに一度ぜひお会いしたい」と改めてラブコールを送った。

「実際に対面してみれば弱いところや克服すべき点が私には分かることがあります。オーラのようなもの? まさにそうですね。そうすればより適切な助言や彼に適した修行の提案ができると思います」と“対面オーラ鑑定”まで提案する炎の怪僧が、悩める藤浪を復活へと導く!? 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000021-tospoweb-base

 




【この記事への反応】

・心をじっくり見つめなおすようなことは必要と思う

・心の問題かもしれないけど、おっさん達の価値観の精神論はもうやめてあげてほしい。
あと迷わせるような投球フォームの指導。
本人の好きなようにさせてダメだったら、本人も諦めがつくでしょう。
でも150kmをポンポン投げられるピッチャーはそういない。それだけで才能だと思う。
復活して欲しい。

・この際だからなんでもやってみればと思う。
練習やってても効果が上がらないんだったら禅でも護摩業でも経験すれば良い。
精神面の鍛錬も必要だな!

・そりゃ、成功した金本や新井がやっていたのはわかるが、護摩行で強くなるんなら3年間若手全員を首根っこ掴んででも無理やりにでも連れて行くでしょ。
そりゃメンタル面も強くあるべきだろうが。
それでメンタルが強くなるのかどうか。

・何年も変わらないのだから、一つの手段として考慮しても良いかも知れない。ただ、徹底したフォーム固めによっておなじフォームから投げられるようにしなければいけないのは変わらないだろう。

・護摩行では藤浪の抜け球はどうにもならないと思うよ。まあ精神面でプラスになる事はあるかも知れないけど。

・阪神時代の新井さん見たらとても効果あるとは思えん。

・藤浪を誘う前に通っている堂林を復活させたれよ。