20190320-03200886-nksports-000-5-view
阪神のドラフト3位木浪聖也内野手(24=ホンダ)が、オープン戦球団新人最多の17安打(80年以降)に並んだ。

1番遊撃で出場すると、初回の第1打席にヤクルト星の143キロ直球を捉えて右前打。16年にルーキーだった高山がオープン戦で記録した数字に到達し、「1番で出ていて初回に出るということを意識しているので」と振り返った。

ただ、その表情は決して明るくない。初回にチーム5安打5得点と大爆発の火付け役となったが、2回に四球をもぎ取った後は3連続三振。いずれも先頭で迎えた打席でチャンスを作れなかった。木浪は「1打席目は良かったんですけど、四球の後の3打席は反省です」と悔しさをにじませた。

求められるレベルは高い。矢野監督は「ライバルだっているわけやから。トリ(鳥谷)だって、あそこでいいヒットを打っている。北條だって内容のある打撃守備をしている。それは1日1本ではレギュラーになりにくいところ」と、ゲキを飛ばす。開幕1番ショートを確定させるためにも、もっともっと打ちまくる。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-03200886-nksports-base

 




【この記事への反応】

・木浪の活躍は素晴らしいが、開幕が近付き相手投手もそれなりの攻め方をするのとキャンプからの疲労が相俟ってシャープさに若干陰りが見えるかな。でも新人なら皆が通る道だと思うので、ここをどうにか乗り切って貰いたい。

・とは言っても4割キープしてる所はすごいと思う
今の三振でちゃんと反省して何かがわかることは良いこと
期待し過ぎもアカンけど期待するよね~

・糸原、大山らのドラフト辺りからチームが変わってきた気がする。さらに木浪、近本らがチーム改革の背中を押す。

・木浪は今まで打ちまくっていたから、打たなかったら逆に目立つわな。
今はアピールに必死で疲れもあるし、シーズンは長い。
頑張ってスタメンを手放すなよ!

・この時期試合に出続けるメリットとしては早めに改善点が見つかること。遅かれ早かれ弱点を露呈するのであれば早いにこしたことない。

・準備、実行、反省して取り組んでる所が好感が持てるわ。

・監督の最高の褒め言葉じゃない?

・阪神の遊撃争いは、熾烈だね。
外野の両翼もそろそろ後釜が出てこないとね。






    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2019年03月21日 08:56 id:Gs1GvDYE0
    この子きなみって呼ぶんやな、もくなみやと思ってた
    2 名無しの猛虎魂さん 2019年03月21日 09:05 id:QVSICauY0
    木浪はポジションたらい回しにされてこの打率やからな
    ケガだけはせず、1年戦い抜いてほしいわ
    そしたら結果も自ずとついてくるやろ
    3 名無しの猛虎魂さん 2019年03月21日 09:05 id:XT1GtOYb0
    ホームランばっかでて打ちたくなったかな?修正して次に活かしてくれればいいよ
    4 名無しの猛虎魂さん 2019年03月21日 10:03 id:KAEWcVcC0
    それでいい
    ホームラン打った後調子乗ってる中谷とは大違い
    木浪は一流だな
    5 名無しの猛虎魂さん 2019年03月21日 12:14 id:I1J7ArCY0
    確変終了かな
    打つ方伸ばしたい選手をショートとかの守備に負担掛かるポジに置いてどうしたいんだ
    打撃伸ばしたいのか守備鍛えたいのかこんな事ばっかしてるから阪神の若手はどっちも下手な選手ばかりになるんだが
    矢野も指導能力に欠けてるなあ
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット