20190321-00011114-bunshun-000-2-view
 西勇輝投手のFA移籍に伴い、阪神タイガースから人的補償でバファローズへ移籍したのが竹安大知投手です。今年プロ4年目を迎える24歳。

 2015年のドラフト3位でタイガースに入団した若き右腕は、これまで1軍での登板はわずか3試合にとどまっています。しかし2017年、救援でプロ初登板を果たすとわずか9球でプロ初勝利。2018シーズンは前半を怪我で棒に振るものの、後半には復帰。ウエスタンながら14試合で6勝0敗、防御率1.30という成績を残しています。タイガースでも今年期待の選手の一人として名前があがったりもしましたが、移籍となりました。バファローズでは西投手が背負っていた背番号21を渡され、球団側の期待の高さが窺えます。

 タイガースに在籍した3年間の印象は私の中では“おっとり真面目”。移籍が決まって取材をしてみると虎番記者への警戒心が解けたのか、流れるように言葉を紡いでくれました。これからお世話になるバファローズファンのみなさま、竹安投手の取り扱い説明書“トリセツ”をご一読ください。
じっくり温かく見守って下さい

 社会人熊本ゴールデンラークス時代にトミージョン手術を受けた影響で、プロ生活はスロースタートとなった竹安投手。手術前は「箸を持つときも手が震えていた」といい、手術しなければプロにはなれなかったと思うと話します。タイガースでの3年間はリハビリが長かったものの、鳴尾浜で見守ってきた安藤優也育成コーチは「安定感はファームにいる投手の中では1番2番! 大崩れすることがないから計算できるピッチャーなんだよね。低めに投げられるという大事なコントロールもある。スピードが特段早いわけではないけど、力があるボールを投げるよ!」と大絶賛。1軍でも投げればやれると太鼓判を押していました。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00011114-bunshun-spo

 




【この記事への反応】

・将来阪神の大黒柱になり得る存在だと思っていたので阪神ファンの自分にとっても痛い移籍でした
それでもそれはオリックスの評価が高いことも意味しています
チームは違えど夢は同じ
将来オリックスのエースになることを信じて応援し続けます
1軍で戦えるだけの力は十分にあると思います

・長い目で見ればオリックスのほうが得をするかもしれない移籍
しっかり大事に指導して欲しい

・出番があるチームの方が本人の為にも絶対に良い
2軍で練習する為にプロに入った訳じゃないんだから大いに活躍して、早くオリックスのエースになって欲しい

・今のオリは西と金子がいなくなって若手を積極的に起用しようという環境だからチャンスだと思う。

・竹安投手が人的補償と知った時は「オリックスも見る目がある」と思いました。オリックスで活躍して「出さなきゃ良かった」と言われるようになって欲しい。

・最終戦に結果を出した
竹安の放出は痛いがこれもルールだしな
最下位とはいえ投手陣は豊富な方だったし守れなかったのは仕方ない

・ゴッツ期待しています。年間通して1軍でバリバリ投げてほしいです。

・矢野監督の配慮が凄い。常に選手一人一人を観察している、なかなか出来ない事。

・矢野監督は二軍で一緒に戦った選手には特に情深いもんな
交流戦、阪神相手に先発して欲しい

・『最後にバファローズファンのみなさまへのお願い』
この後の文章に、うるっときた。