20190325-00000050-tospoweb-000-1-view
 オープン戦最下位を最終戦の土壇場で回避した矢野燿大監督(50)は試合後「(29日のヤクルトとの)開幕戦は今日の(先発)メンバーでいく」と公表し、1、2番に木浪、近本のルーキーコンビを抜てき。虎の新人2人が開幕オーダーに名を連ねるのは実に72年ぶりとなる。

「いい競争ができた。ここからさらにプラスが望める状況なので楽しみは多い。選手たちの成長も実感できた。開幕が楽しみ」と指揮官は手応えを語るも、阪神はオープン戦12球団中11位。チーム打率も2割2分7厘と課題の得点力解消には至っていない。だが、本紙評論家の遠山奨志氏によれば、それほど悲観することはないという。

 というのも「投手力は12球団トップクラス。西とガルシアが加入した先発陣も強力な上、藤川、ドリス、ジョンソン、能見らが揃う中継ぎ陣も充実。駒は十分に揃っている」と投手陣が高く評価できるから。問題の野手陣に関しても「(今年42歳になる)福留がシーズンを通してフルで戦うことが難しい今、確固たるレギュラーは糸井しかいない。これは本当に大きなチャンスだと思う」と、むしろ他の選手の台頭が期待できるとした。

「阪神が今季を戦い抜く上で重要なのは機動力だが、それで木浪、近本の2人が開幕スタメンに名を連ねたわけではない。彼らが抜てきされたのは結果を残したから。矢野政権はまだ明確なカラーがなく、これから染め上げていく段階。結果さえ残せばすぐに起用してもらえる。こんなにおいしい状況はない。スローガンの『ぶち破れ! オレがヤル』のように、俺が目立つ、俺がいく、俺が稼ぐの精神でガツガツいけばバラ色の未来が待っている。ただでさえ日本屈指の人気球団なんだから」と遠山氏は虎戦士たちを鼓舞した。

 ルーキーコンビが開幕後も結果を出せば、後に続けとチーム内競争はさらに活性化する。果たして虎フィーバーの主役になるのは誰か。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000050-tospoweb-base

 




【この記事への反応】

・ところがそこがなかなかないんだよねえ阪神の選手は。遠慮があるのか欲がないのか目立ちたくないのか分からんが、とにかく仲間を蹴落としてでもレギュラーになってやる、というような意欲がないように感じる。
その点近本と木浪はいい感じなんだけどね。近本は「新人王盗塁王ダブル受賞狙う」と入団早々ビッグマウスを披露した。無論達成できなければ批判されるが、自分で退路を断っている分どこまでも前向きに進める。
木浪は「自分は社会人出身だから結果が求められる」という自覚がある為か結果を出すことに対してものすごく貪欲。それがあれだけの結果に繋がっているように思う。
他の連中ももっと貪欲になれ。極端な話だが他の奴の怪我を願ってでも出たいと思え。そしてその機会に向けてこれでもかってくらい準備をしよう。それぐらいストイックにならなければ殻を破れない。

・木浪、近本の1、2番なら出塁率も上がるしので糸井、大山、福留なら。1点は、入るはず。ただ、福留は40代、糸井は古傷があるので、休養日に、江越、高山、中谷が、変わって入っても、遜色ないような状態であれば、広島のような層の暑いチームになる。ポテンシャルは高いのに広島程、層の暑さを感じないのは、この3人の意識改革だと思います。糸原はキャプテンですので、期待と責任を本人が重々理解しているとお思います。北条はバッティングは毎年よくなってますので、打撃のムラと守備の向上あるのみです。今年の阪神は福留、糸井以外が、どれだけ不動のレギュラーと呼ばれるようになるが、打線の鍵です。ナバーロ、ママルテの両外人が、好調でも控えに回すぐらいの勢いでポジションを奪って欲しいです。

・ファンの熱さに比べて、選手は昔からおとなしいのが多いよな、阪神は。
ベテランの鳥谷なんかからしてもそうやが、やっぱりファンはむき出しのファイトが見たい。ファンのプレッシャーにまけてしまうようでは甲子園で結果は残せない。
ただし、ファンも不必要な汚いヤジは止めて、選手が力をより出せるような熱い応援にしてほしい。
まあ新庄みたいな、のーてんきな奴が一番力を発揮出来るかもしれんけど(笑)

・いくら投手陣がよくても、打線があまりにヒドイと昨年みたいに最下位もありえる
いい教訓になった。
投手陣さえ安定してれば、Aクラスは固いと思っていたあまえがあったね。

・遠山さんは一見地味だが、松井と高橋由のクリーンナップに対することで光っていた 今の阪神の選手も輝ける場所を見つけてほしい 平均的な選手が多すぎる

・このクソ野郎、次はぜってぇ打ってやる
これぐらいの気概はあって欲しいがおとなしいというか真面目な人多いよな。
矢野のガッツポーズ導入でなんか表情出だしたけど。
もう少し荒々しくやってもいいと思う。
俺が明日の一面飾ってヒーローになるぐらいのガツガツさ、俺がいく、みたいなのが確かにほしい。

・ドラフト時に、性格的な内面要素の検討も必要かと。例えば負けず嫌いでやられたらやり返す位の気骨のあるタイプとか、自分で考えて努力し続ける才能があるタイプとか。

・とにかく打線が奮起すれば十分戦えると思います。

・まさしく仰る通りですね。
遠山さん、これからも阪神タイガースを叱咤激励し続けてくださいね。
宜しくお願い致します。

・遠山さんの言うとおり。
阪神の若手は、本当に大人しくて、がむしゃらさがない。

・守っていてorベンチから相手選手の動きを見ることも大事!!
福留 糸井以外は 常に勉強~
しっかり 成長して逞しいチームに育って欲しい^^