20190331-03311056-nksports-000-6-view
日刊スポーツ評論家の桧山進次郎氏が、2勝1敗で終えた阪神の開幕3連戦を踏まえ、今後の戦いに向けたポイントを解説した。

2点、1点、1点…。開幕3連戦で浮き彫りになったのは「投高打低」のチーム事情だ。ヤクルトとの3戦で奪ったのは、計4点だった。

桧山 1、2番でチャンスを作らないと厳しいですね。木浪も2試合まではなんとか平静を保てたかもしれないが、ノーヒットが3戦続くと、打ちたいという気持ちが力みになって空回りするし、焦りになってくるでしょうね。

開幕から「1番遊撃」で先発起用されていた木浪だが、1点を追う5回2死二塁の場面、代打鳥谷を告げられた。

桧山 チームとして代打は仕方のないところだが、木浪の打撃内容は悪いとは思わない。福留にも当たりがないが、ここは経験豊富なだけに立て直してくる。福留と違って、木浪は経験が乏しいだけに、早く1本ヒットをだして落ち着きたい。2日からの巨人戦まで1日空くので切り替えをはかりたいところです。

開幕カードでみえた長打力不足だが、本塁打は2戦目の1回に飛び出した3番糸井の1本だけだった。

桧山 むしろ気になるのは4番大山ですね。この3試合をみてもタイミングが合っていない。4回にライトへの犠飛を放ちましたが、本人はあの方向に打つつもりで打っていないと思います。左中間に飛んでもおかしくないボールですから、それだけタイミングが合わないんでしょう。

チームは貧打とはいえ2勝1敗で乗り切った。

桧山 本人のキャリアを考えると酷ですが、ここが当たってくればチームの風向きも変わってきます。チームの行方は「4番」にかかっています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-03311056-nksports-base

 




【この記事への反応】

・桧山も4番の重圧が無ければ、もっと早くに開花しても良かったと思う
チーム事情で4番を任され本来の打撃を見失った
6番くらいでやってれば、あんなに三振を重ねることは無かったかなと
結果的には本来の4番というより、4番目の打者って気もしないでないが、4番桧山でチームが強くなり嬉しかったなぁ
大山をかつての自分に重ねているのかもしれない
暗黒期は一人で背負ってしまったが、周りに良い打者がいて変わった
今は糸井、福留がいるんだから、何とか殻を破って欲しいな

・3試合で四点は厳しいね、よく2勝したと思うよ、これから投手陣は大変だね。ヒットを打っても繋がる気がしないもんね、近本から糸井位だよ繋がるなぁと思うのは、以前から言われていることだが、打てない打線は変わってないのはがっかり。相手投手の出来がいいと言うのは言い訳にならない、それを打っていかないと優勝なんて無理なんだよ。これからの奮起を期待する。

・投手陣の活躍がなければ3連敗もあり得た。ずっと投手陣も無双状態でいれるわけがない。
もっと投手陣を楽にさせてもらいたい。

・3試合で4得点と言うが、燕さんは3試合で3点。
しかも今日の初回はダブれてたら0で終われた可能性もある。
調子のいい選手をしっかり見極めて、粘って行けば充分戦える。

・甲子園が広いからホームランがでにくいのはわかるけど、投手の負担が大きすぎる。
打線を組み替えるとかでもあまり効果がみられなさそうだな。

・この貧打線でAクラス争いをするならば、1.2番コンビが大事だし、あとは大山を4番に据えるなら大山が少なく見積もっても270.30.90ぐらい打ってくれないと勝負にならないと思う。

・大山しかいないから4番なだけ。
初めから分かっていた頃やん。
何をキャリアや重圧や笑笑
しばらく我慢するしかないやん!

・木浪はプロの洗礼を迎えてる。
オープン戦とはピッチャーが違うのは当たり前。
まぁ 北條も居るし まだ気楽にいきましょう。
と言ってたらすぐに交流戦。
頑張ってBクラスだよ。それくらい覚悟しようや。新しい助っ人の補強調査はすぐにでも。

・大山に4番を任せるのは早いのは百も承知。
任せた以上は我慢するしかない。

・3連戦で4点。。
よく勝ち越したよ。。
ピッチャー頼みにも限界がある。。

・大山の場合、復調というより、成長じゃないでしょうか。

・あの貧打で勝ち越し
野球は7割は投手で決まるの手本みたいな野球
でしたね
クリーンアップに当たりが欲しいですね

・2打席連続の見逃し三振はよろしくないね。。
打ちたい打ちたいで泳がされるバッティング、そろそろ意地みせろよ