20190402-00000008-ykf-000-1-view
 阪神にとって、元号が「令和」に変わっても守り続けなければならないのが、巨人との「伝統の一戦」のブランドだ。

 しかし、巨人には2007年(14勝9敗1分け)を最後に11年連続勝ち越しなし(五分の星が3度)。昨季は8勝16敗1分けと水をあけられ、特に本拠地甲子園でわずか3勝しかできず、虎党の怒りを買った。

 そんな中、矢野燿大監督(50)は2日からの今季初の対巨人3連戦(東京ドーム)を前に「伝統の一戦で監督としてやれるなんて…楽しんでやれたらいいなと。相手とぶつかることを楽しめる戦いができれば、結果もついてくると思うし、ファンの方もよろこんでくれる」と感慨深げ。

 恩師の故・星野仙一氏が阪神監督時代に「巨人戦はビタミン剤」と言い放ったのにならい、G倒を「意識する」という。本紙記者が「最初が肝心では?」と水を向けると、「結局そういうことになる。どう感じて、どう戦うか。誰だっていいスタートを切りたいのは山々」と強調した。

 球団も巨人と協力し「伝統の一戦」をイベント化して盛り上げる意向だが、厳しい現実がある。球団関係者は「近年は価値観が変わり、巨人戦だからといって超満員になることはない。ファンは大谷(エンゼルス)や柳田(ソフトバンク)など、メジャーリーガーやその予備軍といえる選手に興味を示す傾向が強い」と明かす。

 現場のチーム関係者も「今どきの若い選手は“伝統の一戦”といわれてもピンときていない。歴史ある球団としては寂しい限り」と嘆く。

 開幕カードでリーグ3連覇中の広島に2勝1敗で勝ち越した巨人に対し「戦力だけを見れば、解説者の皆さんの順位予想で上にきている通りで、俺もなんでやねんとは思わない。だからこそ、野球は面白いというのを見せたいというのもある」と対抗心を燃やす指揮官。伝統の灯を絶対に消してはならない。(山戸英州)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000008-ykf-spo

 




【この記事への反応】

・昔だったら掛布対江川みたいなエースVS4番の勝負があったりして「伝統の一戦」も盛り上がったんだろうけど・・・。

・何年も優勝できてないチーム同士の試合に特別感が無くなるのは当然だよ

・でも甲子園のチケットは明らか巨人戦のほうが無くなるよな!しかも値段高いのに!

・伝統の一戦て盛り上がってるのは阪神ファンの私です。
同僚の巨人ファンは、今日から阪神戦か~。位にしか思ってない。。。
悔しいわ~。

・両チームは人気ある
記事が多いのがその証拠

・甲子園は巨人戦だけ入場料が高い

・阪神は伝統の一戦を名に恥じない戦いをファンにアピールしてこそだ。
伝統の一戦という意識があるならまずは勝ち越すことだ。
意識を行動で示せ。

・死ぬ気で巨人を倒して欲しい
闘志を燃やせ