20190409-00184976-baseballk-000-2-view
 2019年のプロ野球も開幕して3カードが終了した。現時点では、両リーグともに抜け出すチームはなく、混戦模様となっている。まだまだ序盤戦だが、各チームとも少しずつ課題が浮き上がってくる頃だろう。

 そんななか、阪神は打線の低迷が深刻だ。ここまでの9試合で26得点、4本塁打はいずれもリーグ最下位(チーム打率.215はリーグ5位)。開幕から8試合目までは3得点が最多となっており、9試合目となった4月7日の広島戦で、初めて4得点以上を記録したほど。

 矢野燿大監督は、オープン戦で打率.373(59打数22安打)と好調だったドラフト3位ルーキーの木浪聖也を開幕戦の1番に起用。2番には同じくドラフト1位の近本光司を据え、フレッシュな上位打線で今シーズンをスタートさせた。しかし、木浪はわずか4試合でスタメン落ちとなり、近本も9試合目にしてスタメンから外れることとなった。新人ふたりがスタメンを外れたその日に、今シーズン初めてとなる4得点以上を記録したのはなんとも皮肉な結果だ。

 もちろん、新人ふたりだけが結果を残していないわけではない。骨折していながら強行出場を果たしている梅野隆太郎、ベテランの糸井嘉男を除くと、ほぼ全員がまだ眠ったままの状態で、チーム全体として苦しんでいる。ただし、状態の良い糸井に走者なしで回ってくることが多いことが、得点力に影響していることは否定できないだろう。7日の広島戦では2番に入った糸原が3度出塁し、2得点を記録した。

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00184976-baseballk-base

 




【この記事への反応】

・新人二人のスタメンをもい少し見たかった。この二人を育てなければいけないのではないかと。

・大山と中谷が糸井と福留に代わって存在感を出せばいいと思う。

・今後調子が上がらないのなら4番は大山に拘る必要はないだろう。

・矢野は結果出してる中谷を当面7番固定の予定かな。
鳥谷も今の走力だと1番より6番の方が合ってる。
クリーンアップは繋がり考えると福留糸井大山の順かなぁ。

・3番糸井4番梅野5番中谷!
ホームランは期待しないので1、2番なんとか出塁でこの三人でなんとか点を!

・大山に固執し過ぎじゃないか?
鳥谷好きやけど木浪見たいなー

・そんなもんわかってる。

・今日も最初から右打ちばっかしてる
4番もどうなんかな?

・阪神の4番には未だホームラン無し!
無理に右打ちしとる!
もっと引っ張れ !

・先ずは大山が4番を打ってる以上、奴の覚醒しかないやろ!