20190414-00000038-dal-000-2-view
 19歳の若武者が初の公式戦先発で堂々としたマウンドさばきを見せた。阪神の牧が3回無安打無失点の好投。鯉打線を全く寄せ付けない投球で存在感を示した。

 「真っすぐもファウルを取れ、変化球でも勝負をしっかりすることができた」

 直球やスライダーを巧みに操り、三者凡退の立ち上がり。二回以降もストライク先行の投球を続け、許した走者は1四球のみ。35球でまとめた。

 元々この日先発予定だった岩田が前倒しで12日に救援登板したため牧にチャンスが巡ってきた。前日に突然、この日の先発を告げられたが「先発も中継ぎも気持ち次第。気持ちをしっかり切り替えられたと思う」。臆することなく勝負を挑み、結果につなげた。

 平田2軍監督は「良い投球をしていた。投げっぷりもいい。チャンスをモノにしたよ」と好投を称えた。今後は先発や中継ぎなどあらゆる位置を試していく予定。牧は「ボールの精度を高めて、クイックなど投球以外の部分もレベルアップしたい」と笑顔で話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000038-dal-base

 




【この記事への反応】

・野手の若手がいないから、せめて高卒投手が1人でも戦力になってほしい。

・どこのチームそうだけど若手をどんどん使って経験させた方が良い成長しますよ頑張れタイガース!

・今年もファームは、強いですね。
投手偏重の補強の仇か、特に時間をかけて育てたい高卒野手の枯渇が気になりますね。

・牧君の「若虎魂」が「猛虎魂」に覚醒する日は来るのか?注目の若手選手が出てきましたね!

・二軍で続けて結果出して初めて取り上げないと、今の段階は早過ぎる

・浜地や才木を脅かす存在になってもらいたい!

・大物の風格

・一度一軍で使ってみようや!!

・岩田が前倒し登板したということは次の裏ローテ6番手で岩田が一軍に上がるかもしれませんね

・記事になるのが早すぎ。