20190414-00000001-baseballo-000-1-view
 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2013年4月14日だ。

 2日前の12日に19歳となった若武者は、やはり“甲子園の申し子”だった。前年、春夏で甲子園を制した男がそのマウンドで躍動した。藤浪晋太郎。虎ファンが待ち望んだ地元・阪神のドラフト1位。ここ数年低迷する阪神の救世主として多大な期待をかけられてきた。だが、藤浪はマイペース調整を続け、先発ローテの3番手で開幕一軍入りを決めた。

 プロ初先発は3月31日。ドラフト制導入後の高卒ルーキーとしては史上最速となる開幕3試合目での先発登板だったが、負け投手に。2度目の登板は前日の雨天中止の影響で、中継ぎ調整登板で初勝利はお預けとなっていた。

 満を持しての甲子園初お目見えとなった14日。DeNA相手に「調子自体はそれほど良くなかった」という藤浪だが、力むことなく腕をしなやかに振り、低めコントロール。最速152キロの速球を軸に6回92球5安打4奪三振無失点に抑え、プロ初勝利。この年の高卒ルーキー一番乗りとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190414-00000001-baseballo-base

 




【この記事への反応】

・初々しいな...。大阪桐蔭時代に甲子園で無双してたときはすごい逸材が出てきたと思ったし、将来が楽しみだったんだけど...。人間本当になにがあるかわからん。自分は他球団ファンだけど藤浪は復活してほしい。

・6年後はチームを引っ張っていく絶対的エースかと思ったけど…。何があるかわからんねぇ。

・本当に懐かしいな…あの頃は 阪神の絶対的エースに誕生と思ってたし 球界を代表する大投手に成ると思ってた。とても今の現状が信じられない。

・あの頃の藤浪が未だに行方不明…。
どうしてこうなった…。
投打とも散々なシーズン滑り出しだが、残る楽しみが藤浪の復活くらいしかない。

・なんで、極度のノーコンピッチャーになってしまったのか。本当に残念。復活する方法がいつかみつかってほしいね。

・高卒1年目の4月にいきなり勝利。今思えば、滑り出しは松坂や田中マー君並みだったんだよな。

・この時から3年間は、ヤンキースの田中将大と同じ路線に乗ってたんだけどね。
今頃は「ポスティングでメジャー移籍か?」って騒がれててもおかしくない逸材。
本当に何があるかわからんね。

・懐かしい写真だなあ。4年前までの藤浪に戻ってほしいわ。

・高校の時は大谷より輝いて居たよな…
どうしちゃったんだろ…

・どうやって再生させたらいいのやら。

・その後、3年連続二桁。
あと1,2年で絶対的エースになると思ったのに