20190415-00000004-jct-000-2-view
 阪神は2019年4月14日、甲子園球場で中日と対戦し、5-2で勝利した。先発・西勇輝投手(28)が7回を投げ8安打を許しながらも2失点で切り抜け、4回には左前へ2点適時打を放ちプロ初打点をマークした。これで阪神は連敗を「4」でストップし、開幕から全5カードを終え、6勝9敗の5位。新加入・西の投打にわたる活躍で嫌な流れを断ち切った阪神だが、これを機に一気に上昇気流に乗れるのか。J-CASTニュース編集部は、阪神OBで昨年までヤクルトのコーチを務めていた野球解説者の野口寿浩氏(47)に聞いた。

 ローテーションの柱として期待される西が、首脳陣の期待に応えるような投球で連敗を阻止。リリーフ陣もこれに応え、中日打線に追撃を許さず8回、9回をゼロに。昨シーズンは、なかなか見ることが出来なかった逆転勝利は、今後の阪神の明るい材料になったことだろう。

■「西選手は試合のムードを作るのがうまい選手」

 14日の西の投球について野口氏は「西選手は試合のムードを作るのがうまい選手です。うまく流れを引き寄せる。リズムの良い投球は野手陣もリズムに乗りやすく、なんといっても西選手は心底野球が好きだと思わせるようなプレーをします。マウンド上で表情が豊かなので、キャッチャーは何を考えているか分かりやすい。投手の気持ちを理解出来れば、キャッチャーとしてはリードしやすくなりますから、いい影響が出ていると思います」と、捕手目線で解説した。

 阪神は開幕第3戦目から4連敗を喫し、4月10日の中日戦から今シーズン2度目の4連敗。全球団と一通りの対戦を終えて勝率.400の5位に低迷するが、野口氏は「一時の底からは脱した」と断言する。その要因とするのが阪神の「負け方」にある。野口氏は「同じ負けでも、8回、9回までもつれ込む戦いが出来てきました。そういう戦い方が出来てきているので私は悲観していません」と話した。

 一方で、野口氏はここまで15戦を終えての課題にも言及した。「投手も野手もミスが目立ちました。野手の場合はエラーを挟んだミスがあり、投手は余分なフォアボールが目につきました。ホームランにつても防げるホームランと防げないホームランがありますが、防げなかったホームランは12日のビシエド選手の2発。特に2本目はアウトローをライトスタンドに運ばれましたが、あれは防ぎきれないもの。今後、対策が必要になります」

以下、全文を読む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000004-jct-spo

 




【この記事への反応】

・まだ打ったり打たなかったりだが、打線がある程度打ち出し繋がりを見せて来ているから、あとは先発陣に頑張って貰いたい。
勝ちゲームの中継ぎ陣は完璧に近い結果を残して要るのだから尚更である。

・パズルじゃないけど、打線の繋がりが大事だよね。下位打線を強化するのも一つの手。大山が打てば必然的に機能はすると思いますが。追い詰めてもというところがあるので6番に据えれば爆発的に打つ可能性がある。近本、木浪は上がり目なので常時出場を希望します。

・うーん
6勝9敗はむしろ好調というか運が良かったと思うんだよね
失礼かもだけどもっと負けてて当たり前の内容だった
成長待ちの選手が何人か出場してるから、そういう選手が結果出して初めて底からの脱になるんじゃないかな

・まだ本来の力が出ない選手が多すぎ。糸原、上本、大山、福留、鳥谷。.250は悪くとも期待出来る人達が酷いもんな。ナバーロもあんなに低めの変化球を振る選手じゃないし、糸原なんかは弱点がバレてるのかもな。

・勝ったり負けたりだし、まだ底ではあるかな。
ただ近本が安定して来たし、木浪が当たり出したのは大きい。
大山はまだ信頼出来ないけど、他に四番打者がいないのがな。
糸井や福留に頼りっぱなしじゃいけないし。

・西でだけ勝っても気休めにならないよ。

・1 2番の出塁率とクリーンアップの威圧感
簡単にアウトにならない下位打線
余計な失点をしないバッテリー&守備陣
まだまだ 課題はこんなにあると思うが・・・

・巨人戦、全く勝てる気がしないけど とりあえず試合を楽しみに日々過ごします

・三点以内に抑えたら投手に責任はないと思う。

・?
負けの内容はかなり悪いと思うが

・木浪、近本が機能し出したし楽しみが出てきた。

・甘いな
ガルシアともう一人先発安定しないと投打のバランス悪いまま

・西スマイル効果やね
お通夜ムードの去年よりベンチの雰囲気も良くなった