images (2)

1: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 09:57:47.32 ID:I1sRatBR0
どっちやねん

3: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 09:58:24.95 ID:YquSQd9Nr
どっちも

20: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:03:55.43 ID:4kDnaShD01010
技術が足らんのなら2桁勝ったのはなんやねん

39: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:10:30.67 ID:DDqhTTFQa1010
そりゃ究極的には技術不足やろ
緩く投げて抑えられたら当てへんわけやし

43: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:10:58.33 ID:2M6AXT4wd1010
例えイップスであっても技術付けて自信が付いたら治るやろうしどっちも間違って無いのが正解やろ

53: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:12:51.45 ID:DVsDDs0vd1010
テイクバックで球落としちゃった時は完全にヤバいと思った
あと弓引くみたいな事やってたのも

イップスじゃねーの?

 




73: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:16:38.60 ID:pJANiYOS01010
前イップスについての本読んだけどあんまり言わないだけで大学の野球部とかイップスの選手多いらしい
赤星は送球イップスだから投げる時わざとスライダーの投げ方したり色々工夫したってトクサンTVで言ってた

84: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:18:37.23 ID:f9/MmMPdK1010
>>73
赤星は肩はともかく送球は正確やったから意外やな
内野手時代の話か?

95: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:20:04.61 ID:TrojJmAW01010
>>84
高校の時にショートやってて自分の悪送球で負けたことあるから
それがトラウマで内野手やめたのは聞いたことがある

180: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:28:55.68 ID:pJANiYOS01010
>>84
甲子園で暴投しておかしくなったらしい
それ自体は内野手時代やな

91: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:19:26.46 ID:bJJbAYwA01010
落合「精神的なスランプからは、なかなか抜け出すことができない。根本的な原因は、食事や睡眠のような基本的なことにあるのに、それ以外のところから原因を探してしまうからだ。」

108: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:21:15.39 ID:heTZ10+hr1010
>>91
もう何年や?
長すぎてスランプやない言うてる

120: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:22:14.15 ID:GcPUwAn701010
イップスを技術でカバーはできるやろうけど簡単ではないやろな
投手ならなおさら

137: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:23:51.46 ID:vtwQsK/Y01010
桑田は本人に直接技術言うてるやん


152: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:25:43.56 ID:5u7iidQma1010
長らく正体がつかめなかったイップスですが、最近の学術研究(神経科学)によって、イップスは「こころの病ではなく、神経の症状だということが明らかになりました。以下、それらを記した神経科学の研究者(工藤和俊氏 東京大学)の解説文を引用します。


「職業性ジストニアは、筋や腱、あるいは脳における器質的原因が特定できなかったため、かつては神経症の一部に分類されていた。すなわち心理的要因による「こころの病」であると考えられていた。
しかしながら、神経症の診断テストを実際に行ってみると、これら職業性ジストニア患者のスコアは健常者と変わらなかった。
また、熟練ゴルファーを対象とした研究においても、イップス罹患群と非罹患群との間で神経症スコアに差は見られなかった。これらの知見により現在では、職業性ジストニアやイップスは神経症ではないと結論づけられている」⁽¹⁾
⁽¹⁾工藤和俊著 『スポーツと脳』 体育の科学 vol58 No.2 2008 98P

「何度も練習しているはずなのに、いざ運動しようとするとうまくできなくなってしまう。これがイップスと呼ばれる症状です。病名としてはジストニアに相当し、神経症とは関係ないことがわかっています。
近年の研究により、イップスは同一動作の過度の繰り返しにより脳の構造変化が起きることで発症しうることが明らかになっています。脳には身体部位に対応する感覚運動領域が規則的に並んでいます。
同一パターンの動作を繰り返し行い続けると、感覚運動野の興奮が高まるとともに活動範囲が変化して複数の領域がオーバーラップし、独立していた部分が合わさってしまいます。これにより、体部位再現性が失われて、意図とは異なる運動が現れたりしてしまいます。
完璧主義の人はイップスにかかる例が多いのですが、できるようになるまでやらないと気が済まないという行動特性があるためです。また、力が入っている状態でも感覚運動野の興奮性が高まるため、力みやすい人も注意が必要です」⁽²⁾
⁽²⁾工藤和俊著 『スポーツと脳の関係』 Coaching Clinic 201503

166: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:27:22.23 ID:DLROkUhHp1010
>>152
はえー勉強になるンゴ

213: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:32:30.47 ID:KbYvfrh9M1010
俺も技術やと思うわ

303: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:39:37.13 ID:42iQcllR01010
イップス (yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことや。
本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。んや
投手と内野手には正確なボールコントロールが求められるため、死球や暴投などのトラウマからイップスに陥る場合が多いとされている[2][3]。わね

312: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:40:08.59 ID:TrojJmAW01010
>>303
サンキューウィキペディア

347: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:43:00.30 ID:eeOcTyUXr1010
藤浪を扱えるコーチがいるかどうかやな

373: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:44:55.74 ID:CFzvJVxnM1010
多分思っ切りインステップにしたら治るで
それで思っ切り左に投げるつもりで投げたらまっすぐ飛んでく
インステップにした方が左足が着地してから長くボール持てる分投げやすいねん

377: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:45:04.50 ID:KF7Q1E14a1010
岩本本人イップスやってるから似たとこあると感じてるのでは

397: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:46:22.57 ID:+3sORFuG01010
投げれんレベルのイップスちゃうしな
技術的な問題って言われるのもわかる

441: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:50:08.37 ID:Y3znJd+Ja1010
正直どっちも当てはまる気がするんやけど

515: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 10:56:29.39 ID:m+BIETFNa1010
藤浪はチェンジアップ使ったらええのにな
カッターとチェンジアップなら全ての球種が速球と同じ振りになるんやから打者は苦労するぞ





引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1570669067/