no title
 阪神の二軍キャンプ地である高知・安芸市が喜びに沸いている。昨年のドラフト会議で、阪神は西純(創志学園)、井上(履正社)、及川(横浜)ら高校野球のスタープレーヤーを一気に5人も指名。ファンの間でも話題のドラフトとなった。矢野監督は「焦らせたくない」とこれらの高卒選手たちの二軍スタートを明言している。

 甲子園を沸かせたルーキーたちを一軍キャンプで見られないのは残念だが、その一方でこの判断に沸き上がるのが安芸市関係者だ。「西純選手ら高卒ルーキーの皆さんにはぜひ、春の安芸キャンプにも来てほしいと思っていた。高校野球ファンの来場も期待できますしね」と集客効果に期待を寄せている。

 昨年の秋季キャンプも大盛況だった。日曜日だった11月3日と10日にはキャンプ最多となる6000人のギャラリーが安芸市営球場に殺到。安芸市役所の担当者は「近年では記憶にないほどの大盛況。6000人という数字は正直想定外でした。春の一軍キャンプを行っていた時以来ではないでしょうか。週末には(キャンプ地、安芸市営球場の)駐車場もあっという間に満車になってしまいましたので、新たに近隣の公共施設の駐車場を100台確保しました。誘導員の数も1・5倍に増やした」と対応に大わらわになっていたと証言する。

 そんな大フィーバーの背景を「昨季いきなりブレークした近本、木浪の両ルーキーコンビが参加してくれたことが大きかった」と分析。人気選手の集客力はやはり大きいと実感したようだ。そのため西純ら金の卵の安芸スタートに大喜び。一軍春季キャンプが沖縄・宜野座に移ってから、ややにぎわいに欠けていた安芸市だが、今春はこれまでとは違った風景が見られるかもしれない。



 


【この記事の反応】

・西には3年後、井上には5年後にチームの看板選手になってほしい。
チームは外国人補強などで当面は戦っていくと思うので、焦らずに。
CSの関係で最近は少なくなった消化試合でも、1年目は使わないでほしい。
そこで少しでも結果が出ると、オフに周囲やマスコミが来年のエースや来年のクリーンアップなど騒ぎ出すので、まずは基礎作りのみにあてた方が絶対いいと思う。

・↑周囲は騒ぐかもしれないが、本人にとって一軍の経験を早くに積めることは大切なことだと思う。

・阪神のキャンプの為だけに拡張は出来ないからなぁ。
やっぱり三軍制にして、もう一つキャンプ地を決めた方がいいかもしれない。

・まずは怪我なくキャンプを送ってプロ野球選手の体を作って欲しいね!

・右のエース西、左のエース及川、四番井上、正捕手藤田、不動のショート遠藤
こんななったら最高やな

・安芸周辺と高知市内の商売人やホテルからしたら、ウハウハだわな。
今年の安芸には行ってみたいものやな。

・↑何度か高知に泊まったことあるが、結構高知市内は賑わってるぞ。ひろめ市場や屋台とかな。

・焦らず頑張ってほしい!

・ホンマ、これ行きたい。新人合同自主トレの鳴尾浜にも初めて行ってみたいと思っている。

・目の前の利益ばかり追わないでチーム強くなってください。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年01月05日 01:13 id:bLTYh6.40
    若手厨ってネットで物申すだけやから二軍なんて見もしないし見に行くなんてもっての他
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット