20200131-01300691-nksports-000-4-view
長く取材を続けるなかで中西太ほど外国人操縦術にたけた指導者はいない。彼と現場で接した監督、コーチ、フロントに否定するものはいないだろう。

例えば日本で成功を収めた最高傑作の一人が元近鉄ラルフ・ブライアント。88年近鉄ヘッドコーチの中西は、中日2軍で埋もれる外国人を見初めて金銭トレードで獲得した。

当たれば飛ぶが、空振りのほうが目立った。「打撃は力じゃない。タイミングだ」。自ら打撃投手を務めるのが中西のスタイルで緩急つけて投げ分けた。

実戦で三振すると、赤面して戻ってくるブライアントに「大丈夫。お前の長所は振ることだから」と逆に持ち上げるのだった。

「正直、見た目はどうしようもなかったが、あのパワーは魅力的だった。いけると読んだ。ただし中途半端な空振りはするなといったんだ。日本では初球からフォークボールを投げてくる。大事なことはいいスイングをすることだ」

独自のティーボールの上げ方は命がけの天下一品だった。ブライアントは“中西流”の調教によって、在籍8年で本塁打王3回、打点王1回のタイトルホルダーに育った。

「本人も死に物狂いだったからね。主に左打者の外に投げてレベルで打たせる。おそらく多くはブライアントはアッパースイングだと思うだろうが、ボールをとらえて手首を返すから、そう見える。コーチの辛抱は大事だわな。あとは通訳もね」

かつて阪神監督だった中西は「今年は面白いね」といった。「みんな浜風、浜風って、風は関係ない。シンでとらえれば飛ぶんだ。掛布だってそうだろ。外角の球をしっかり打たせた結果だよ」。名伯楽の自信がにじむ。



 



【この記事の反応】

・近本2番構想は、1番が出たあと近本に打たせても併殺はないと考えてのことだろう。ランナーがセカンド封殺されても近本が残れば、3番打者のところで盗塁すれば1死2塁のチャンスになる。2番に強打者を置く流行の中で、昔ながらのスモールベースボールがあってもいいんじゃない?

・右 糸井or高山
中 近本
三 大山orマルテ
一 ボーア
左 サンズ
遊 北條or木浪
二 糸原or上本
捕 梅野

糸井が怪我したら高山がそのままレギュラー取ってほしい。
今年は相当気合入ってそうなので。
3番は近本の足を活かすならサンズより大山かマルテのほうが良いと思う。

・近本が四球もぎとれて、出塁率上がれば完璧な1番打者なんやけどなぁ。
近本2番だと、3番への負担大きい。外国人には酷だし、大山、高山では力不足かと・・。

・普通に一番向きではあるが他が糸井以上にチャンスに強くない上に年齢・怪我の不安がね
固定出来る近本でいいと思う

・一度、北條を制約の少ない一番で試してみて欲しいな。
今岡のように、本来のバッティングセンスが発揮されそうな気がするが。

・外国人の加入で層は厚くなった
外野は近本、糸井、サンズ(福留、高山、中谷)
内野はボーア、木浪、糸原、大山(マルテ、北條、上本、陽川)
捕手は梅野(原口)
外国人がハマってくれれば上位もありそう
いよいよ明日からキャンプイン
楽しみですね

・上本、近本の1、2番コンビにして、糸井は3番当たりでどっしり構えていてほしいが…。
上本が万全なら、右左のバランスもよくなる。

・そろそろ高山が1番か3番にハマってほしい

・アラフォーベテラン2人が打線のキーとは、、、
糸井は一番の方が良さそうだが、怪我もあるし若い近本に頑張ってもらいたい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年01月31日 20:41 id:.ha6fKJ20
    一軍の臨時打撃コーチで呼んだらええやん
    2 名無しの猛虎魂さん 2020年01月31日 21:35 id:V921fS3X0
    糸井にしても上本にしてももう走れんやろ
    近本1番で盗塁稼いで欲しいわ
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット