20200229-22280378-nksports-000-3-view
想像してみると、和気あいあいとしたベンチの様子が目に浮かんだ。

22日に北谷公園野球場で行われた中日対阪神のオープン戦。阪神坂本誠志郎捕手(26)が2回に先制の2ランを放った。ベンチは笑顔で祝福と思いきや…。ハイタッチを求める坂本をチームメートはそしらぬ顔でスルー。大リーグでも行われている儀式「サイレント・トリートメント」だった。

「全然分かりませんでした。初めてでもないのに…」と坂本が話すように、多くの場合は新人選手など、初めて本塁打を打った選手に行われるもの。なんと今回の“首謀者”は…。「帰ったら清水さん(ヘッドコーチ)にどう思った? って聞かれて。矢野監督が『どうする? やる?』って言ってたみたいです」。矢野燿大監督(51)だった。確かにベンチに並ぶ選手はハイタッチに行くのか、行かないのか、少し迷っているようにも見えた。



 



【この記事の反応】

・この雰囲気が練習の緩さに繋がるのならダメだが、厳しい練習を乗り越える強さになるならいいと思うわ。

・今季が勝負や正念場の選手が多い中
誠志朗には 大いに飛躍して欲しい ^^

・矢野と坂本は気が合うね。

・面白味のあるベンチの雰囲気が読み取れる。

・何はともあれ
だが それがいい(*^o^)/\(^-^*)〆

・ふざけとる時間はないで矢野

・↑全ては結果次第で、批判したり賞賛したりすれば良いと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2020年02月29日 20:29 id:1vmSzjff0
      覚えてねえわ
      こいつ高山がおらんかったらプロなれてねえだろ
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2020年02月29日 20:47 id:H1qn8PtM0
      阪神の第2捕手やぞ
      梅野が逝って坂本おらんかったらやべぇことになるぞ
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2020年02月29日 20:48 id:1vmSzjff0
      第二捕手は原口や
      第三捕手を長坂にしろ
    4. 4 名無しの猛虎魂さん 2020年02月29日 21:01 id:iA1GProC0
      ※2
      坂本が掴みきれないのって、スペ体質なのがなあ

      大リーグ詳しいからサイレントトリートメントええんちゃう?個人的にはこれ嫌いやけど。
    5. 5 名無しの猛虎魂さん 2020年02月29日 23:26 id:nL8Xa2bz0
      元々、存在感も実力ないやんw

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット