20200420-24200159-nksports-000-3-view
阪神西勇輝投手(29)が20日、甲子園で自主練習後にオンライン取材に応じ、内定している開幕投手への責任感を言葉にした。

当初は3月20日の開幕ヤクルト戦に先発予定だった。最初の開幕延期が決まった直後の3月10日にも、矢野監督はあらためて西勇の開幕投手について「オレの中では変わりない」と明言している。

日程の先延ばしが続く中で調整は難しいが「そこは仕方がないことなので。自分の気持ちをしっかり持って、どの日になっても準備できるようにはしています。みんな同じ気持ちだと思いますし、同じことなので。僕だけということはないので。しっかり自分なりに調整していけばいいと思っています」と力を込めた。

チームは3選手が新型コロナウイルスに感染したことで、3月27日から4月14日まで活動を停止。自宅トレーニングが続いた期間も「開幕を任されている責任がある分、練習を落とすことはできなかった」という。「朝(人が)いない公園だったり、できる範囲のことはやっていました」と振り返る。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・頼もしい
一日も早い開幕はファンも望んでいる
そして開幕したときには期待しているぞ
開幕が遅れたから調子がイマイチで・・・みたいな残念なシーズンにはしたくないからね
試合数が少なくなるにしても内容そのものは濃い年でありたい

・西の意気込みには、シーズンでの活躍を大きく期待するがコロナがこの状況、残念だが今シーズンの開幕は絶望的、来シーズンの事を考えて調整する方が良い。
ファンとしては早く野球が見たい!

・もしももしも開幕できたとしても、50試合ぐらいできたらいいとこじゃないんですか?

・今は耐えないといけないと思うよ。

・流石、トラの頼れる開幕ピッチャー!
応援してます。

・今年は開幕がないかも知れへんよ

・(開幕出来るような世の中になるのを大前提に、出来るだけ早くそうなることを願って)開幕してくれ
って話でしょ。選手を守るという観点では今シーズン中止でも良いと思うけどな、その上で今シーズン中の選手の意思による引退を除いては選手を解雇しないとか、給与の最低何割かは保障するとか、そういう取り決めを作るのが上の仕事。
あと1・2か月でプロ野球が開幕できるような世の中にはなっていないと思うけど。いつ開幕するかわからない状況での調整ほど難しいことはないよね、来季に向けて準備してもいいと思うけど。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット