20200422-00000096-dal-000-4-view
 阪神の原口文仁捕手(28)が22日、甲子園で自主練習を行い、球団を通じて率直な気持ちを明かした。

 チームは3選手の新型コロナウイルスの感染を受けて3月26日に活動が休止。約3週間後となる15日に球団施設が解放されるまでの期間は「外でランニングをしたり、家の中でできる体幹トレーニングなどをしていました。リフレッシュ方法は以前から行っているヨガですかね」と工夫しながら調整を続けた。

 昨季は1月に大腸がんが判明して手術。この時期は復活するために、過酷なリハビリに励んでいた。「2年続けてこのような期間になるとは思っていなかったですけど。去年と違った形ですし、施設開放してくれている中でめいっぱい野球ができるので、意味ある時間にしたい」と満足に体を動かせる現状に感謝した。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・原口選手には勇気づけられた人もたくさんいたと思う、これからも頑張ってください。

・同じ球団でもこの帝京の選手はしっかりしている。大阪桐蔭の彼も見習ってほしい

・アンタも見事なカムバックだった
平穏な日々にカムバックしたいな

・殊勝な心掛けに拍手!
病後の感染に対しての恐怖は有るでしょうが他人より倍注意してくださいね。
更なる活躍をシーズン開幕後に見せていただきましょう!

・代打 原口 背番号 94
このコールを聞いて大歓声~
それを想像しながら 練習に励んで欲しいし応援することを夢見ている^^

・原口が言うとすごい説得力ある。

・グッチの更なる活躍期待しています。

・すぐ拡散される薄っぺらい言葉と違って説得力や重みがあるね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年04月22日 21:14 id:MXSOytGF0
    ネタがないなら閉鎖すれば?
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット