20200506-00010001-realspo-000-5-view
昨季はプロ野球新記録となる123補殺をマークし、2年連続のゴールデングラブ賞を受賞した、阪神タイガースの梅野隆太郎捕手。代名詞の“梅ちゃんバズーカ”が表すように、その強肩ぶりは広く知られている。だが共に戦う仲間たちが虎の正捕手に絶大な信頼を寄せるのには、他に理由があった。今やキャッチャーにとって欠かすことのできない重要な技術、「ブロッキング」に対するこだわりの秘訣を明かした――。


梅野のブロッキング技術は、球界屈指の呼び声も高い

“壁”とは「はね返すもの」ではなく「止めるもの」なんだと実感した。阪神タイガース・梅野隆太郎の「あざ」を見た時だ。シーズン中のある日、履いていたジャージをおもむろにまくり上げて見せてくれた両腿には、ちょうど硬式ボール大のどす黒いあざが何個も顔をのぞかせていた。

「これはこの前の東京ドームで。マジで痛かった」

一個、一個、説明してくれた表情は、少し誇らしげに映った。バッテリーを組む投手にサインを出し、ボールを捕球することだけがキャッチャーの仕事ではない。抽象的な表現をすれば「止めること」もその一つ。ボールをそらすことなく、文字通り「体を張って」受け止めることでピンチを防ぎ、時には一つのアウトを確実にすることもある。

日々、行われていく試合の中では見逃されることもある“地味で痛い”技術。そんな積み重ねが、虎の正捕手の見せてくれた“生傷”だった。ボールを後ろにそらさない、この「ブロッキング」は配球、送球、フレーミング(※)と同列で今や捕手が兼ね備えるべき必須能力の一つに数えられるだろう。
(※ ストライクゾーンギリギリの球について、審判からストライクのコールを引き出す技術)

そして“梅ちゃんバズーカ”の名でファンにも定着する強肩のイメージが強い男の「ブロッキング力」は、こちらも球界屈指の呼び声が高い。難しいワンバウンドを止め、投手との信頼も強固にしていく“壁”の極意とは――。
ミットではなく、視線でボールを捕球する?

まず口にしたのは優先順位と秒速の判断力の難しさだった。

「もちろん、全部止めるつもりでいくけど、体で無理だと思ったら手でいく。そこの判断が一番難しい。これはやばい(体では止められない)って思った時は手でいくしかないので。一瞬の判断でコンマ何秒とかになる」

言語化しても、筆者のような素人にはなかなかイメージしづらい世界ではあるが、体なのか、手なのか、瞬時の状況判断で止めにいくパーツを決断していることが分かる。その上で、最も意識するのが「視線」だという。

梅野は、捕手側から見て右にそれるワンバウンドのボールを左手にはめるミットを逆シングルにして止めたり、捕球するシーンがよく見られる。秀逸なブロッキングを象徴する“飛び道具”のような存在。映像を通して見れば、たまたま入っているようにも見えてしまう「好捕」に至るまでの過程を明かす。

「全部、(視線は)下から上を意識してる。ボールがちょっと手前だったら、跳ねるところに合わせていく。小さい時にボールは上から捕りにいくなと教わりましたよね? 下から上じゃないと絶対に捕りにいけないので。体で捕れないって判断をした時に手でいく時は、目線は上がらないように、潜る」

「潜る」と表現したように、地面を這うように低く、いうなればミットではなく視線でボールを捕球するイメージなのかもしれない。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・梅野って過小評価されてるよね。
守備では防御率、盗塁阻止率、補殺数とかどの指標で見ても優秀だし、打撃は森には敵わないが捕手としては平均以上だし、またどの捕手にもない脚という武器もある。
これほど走攻守ハイスペックに備わっているのに、なぜ侍に選ばれないのか不思議でならない。

・よく守備は甲斐、攻撃は森、オールマイティなのは會澤と言われ、打てる捕手は重要視されるが、こういう部分を見ると1番守備がうまいのは梅野では無いのか?肩もよしブロッキングもよし。去年に関しては打ってもまぁまぁ良し、走っても良し。
何故球界を代表する捕手が甲斐森會澤小林なのか。圧倒的に梅野だと思うが

・梅ちゃんは、ルーキーの時から後逸しない技術に関して解説者の皆様からも評価されていました。
メッセも、いつか球界を代表する捕手になると言っていました。
プロの眼はすごいなぁと思いましたよ。
なりましたからね。素晴らしい捕手に。

・肩が強い事に目がいきがちなんだけど、こういうとこが実は捕手としての資質として問われるとこなんでしょうね。なかなか評価されにくい部分だけど、こういう積み重ねが投手陣からの信頼を得られてるんでしょうね、

・僕はピッチャーをしていました。記事の通り強肩のキャッチャーも魅力ですがワンバンを止めてくれるキャッチャーほど頼もしいものはありません。そんなキャッチャーは常に全身でボールを被せるように止めにいく。
体を張って止めにいく姿勢に頭が下がりました。
ピッチャーを生かすも殺すもキャッチャー次第だしピッチャー同様、いやそれ以上にキャッチャーの働きにかかっていると思います。

・何度ドリスのフォークを止めたことか。梅ちゃんじゃなければドリスの救援失敗はもっと多かったと思います。

・ブロッキングに関して言えば今まで観た選手の中で梅野選手が1番上手いように思います。
パリーグの捕手は普段見れないから評価しづらいのですが、名捕手のイメージだった城島選手が阪神に来た時、打撃はすごいけどブロッキングの下手さに呆れた記憶があります。
梅野選手は藤浪選手とドリス選手のホームベース手前に叩きつけるようなとんでもないボールに鍛えられたのか、今のよく止めたなーって言えるようなシーンが相当あります。
日本代表にはあまり呼んでもらえませんが、短期決戦では1つのワイルドピッチが非常に重要です。梅野選手は絶対に入れておいた方がいいと思います。

・阪神の豪腕投手陣を支えてるのは間違いなく梅ちゃん。梅ちゃんがいてこそ鋭いボールを投手は安心して投げ込める。侍ジャパンで活躍する姿を見てみたいな。中継ぎ投手と一緒に選んで貰えたら必ず活躍するはず。

・他球団ファンから見ても、少なくともセリーグでは梅野が総合的にNo1の捕手と思う。肩やブロックも含めた守備面は勿論、捕手としては走れるし、打撃も會澤に引けを取らないと迄は言わないけどかなり勝負強いし。他の方々も指摘されてるけど、もっと評価されて良い選手。

・CSでDe柴田をドリスがフォークで三振を奪ったシーン。満塁フルカウント、あの場面でフォークを投げれたのは梅野を信頼していないと絶対に投げ切れていなかったと思う。痺れたなあ…



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年05月06日 20:39 id:O3TgTtB60
    ドリスがMLBで暴投しまくってたら梅野の凄さが分かり易いな
    2 名無しの猛虎魂さん 2020年05月06日 20:51 id:USPcl5Bh0
    すみません、梅ちゃんは侍には出しません。今のままの低評価で結構です、あのキャチングはトラの至宝ですから。
    3 名無しの猛虎魂さん 2020年05月06日 21:12 id:6XCsL6kR0
    〉何度ドリスのフォークを止めたことか。梅ちゃんじゃなければドリスの救援失敗はもっと多かったと思います。

    ドリスそんなに救援失敗してたか?
    4 名無しの猛虎魂さん 2020年05月06日 21:33 id:awIJ6Uuk0
    梅野の優れたブロッキングが捕手として重要なのに、原口みたいな当たり前の様にパスボールする捕手を贔屓する矢野さんよ…
    5 名無しの猛虎魂さん 2020年05月06日 21:36 id:awIJ6Uuk0
    >>3
    救援失敗した数自体は少ないけど、ファンの期待ほど救援できてはいなかった
    あと、最初のランナー出したら、エラーしたり打たれたりして失点する事が多かったから、イメージが悪い
    6 名無しの猛虎魂さん 2020年05月06日 21:39 id:fAlBo4ta0
    3 梅野じゃなければって言ってるやん。あの高速スプリットを原口 坂本 長坂に任せてるって想像しただけで寒気するわ。巨人戦もあったし横浜戦も有ったけど満塁でスプリットやpjカーブを要求できるん梅野だけやろ。
    7 名無しの猛虎魂さん 2020年05月07日 23:58 id:.Ck4K7Yu0
    巨人戦で、藤浪と組んでどこに行くか わからんボールを、右や左に一生懸命キャッチしてる動画、何度見ても梅野がかわいそうで、藤浪!! ちゃんと投げたれと思うわ
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット