20200514-00000033-dal-000-2-view
 猛虎の夏男がスタートから打つ。阪神の北條史也内野手(25)が13日、“夏男”ぶりを発揮してシーズンスタートからのフル回転に意気込んだ。現時点での開幕候補日は最短で6月19日。ここ2年、夏場に調子を上げているだけに“夏開幕”を歓迎した。

 「僕的にイメージはいい」。この日、甲子園での自主練習後にオンライン取材に対応。大好きな季節のシーズン幕開けに、北條のテンションが上がる。

 ここ2年の数字を見ればうなずける。2018年の3~5月は1軍出場なしで6~8月は打率.326。昨季3月は1軍出場なしで4&5月は打率.200。対して6~8月は打率.292。気温の上昇とともに快音の数が増している。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・単に夏場に強い夏男なのか
シーズンが始まって徐々に調子を上げてくる
スロースターターなのか判らない。
ただ、コロナが落ち着き、夏までに早く開幕して欲しい。

・木浪が夏場に二軍落ちだ経験あるだけに、大チャンスだわ。
矢野さんは木浪推しとは思うけど、守備さえ頑張れば出番北條増えるやろうな。打てる右打者やから。

・北條の記事に大体書いていますが、死ぬ気で守備練習をしてください。ショートでアレはきつい。

・花粉症だし開幕遅いのはチャンスかも

・打撃を鍛えるのもいいけど、守備練習にも力を入れてほしい。ショートを守るなら、あの送球はなんとかした方がいい

・エラーしてもええからホームラン30本打て!



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年05月14日 19:45 id:MgMUmL2L0
    春先がクソすぎる
    2 名無しの猛虎魂さん 2020年05月14日 21:01 id:mQEmAtA.0
    >>1
    まったくもって。夏位の実力を春先から出せば即レギュラーなのに
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット