20200514-00000022-dal-000-2-view
 阪神の能見篤史投手(40)が13日、甲子園での自主練習後にオンライン取材に応じた。28日に誕生日を迎える球界最年長左腕。41歳で登板すれば、生え抜き投手では1949年の若林忠志以来となる。今季は過密な日程が予想されるが、豊富な経験を生かし、チームのためにフル回転することを宣言した。

 ようやく見え始めた開幕に能見は照準を合わせた。6月中旬から下旬の幕開けを目指すことが決まった今シーズン。「予定として決められたので逆算はしやすくなる。そこに向けて、準備をしていく段階になる」。道筋が決まり、気持ちを入れ直した。

 プロ16年目の左腕でさえも初めて過ごした期間。これまでの取り組みを無駄にしないため、そして全開でシーズンに臨むためにも、調整が難しい中で状態維持に努めてきた。

 まだまだ衰えを感じさせないが、今月28日には41歳の誕生日を迎える。阪神の生え抜き投手で41歳での登板となれば1949年の若林忠志以来となる。年齢を重ねながらも、与えられた役割を全力で全うするという鉄腕の姿勢は変わらない。

 「3連投ぐらいまでしかしたことはないと思うんですけど。『次、行くよ』と呼ばれると、チームとしても必要だというところはすごく感じる。逆に連投が続いたほうが意気に感じて投げられるかなと思います」

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・日本一、否、世界一か、これほど美しいフォームで投げるサウスポーが、今、居るだろうか。
今では絶滅危惧種?の振りかぶりから始まり、高く右足が上がって、細く長い腕がしなるムチのような軌道で上から振り下ろされる。
公式戦が120試合前後に減っても、30試合ぐらいの登板はあるだろう。
一試合でも多く美しいフォームを甲子園で見せて下さい。
期待しております。

・山本昌は、41歳でノーヒットノーランを達成した
まだまだやれますよ

・早く能見さんの投球が見たいです。

・過密日程って月曜日もスケジュールに入れるのかな?
それさえ見通しがまだ立たない・・・
能見は まだ戦力として考えている^^

・41とは思えない、スタイル抜群やな。

・能見さん。
カッコいい。

・アイ ライク ノウミサン

・スポーツ内閣を見ました。能見さんが新井さんとの対戦エピソードを話していましたが大笑いしました。
いざマウンドに上がるとポーカーフェイスで淡々と投げる姿にギャップを感じ同性ですが惚れ惚れします。
年齢に負けずがんばってください。

・能見に頼るのもいいけど、もう年齢的に何年も持たない。能見、藤川の代わりになれるような選手が出て来てほしい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット