20200518-00000026-dal-000-3-view
 阪神のジェフリー・マルテ内野手(28)が17日、道筋が見えつつある開幕へ向けて気持ちを高ぶらせた。現時点で想定される最短6月19日となれば、開幕カードは巨人戦(甲子園)となる。昨季の対戦打率・339、3本塁打と好相性の助っ人が開幕ダッシュをけん引する。また、この日からシート打撃を再開。シーズンインへ向け、順調に準備を進めている。

 強い日差しの中、マルテはギアを上げて調整を進めた。最短6月19日と想定される開幕。ようやく見え始めた明るい兆しに、助っ人の気持ちも高まっている。

 「いつも集中して練習に取り組むようにはしているけど、やっぱり具体的な日程がある程度分かったことはうれしいね。そこに向けて、またさらに集中していけるという感じ」

 実戦再開に向けて練習の強度も上がってきた。この日は練習再開後としては初めてシート打撃に参加。能見との対戦で感覚を確かめた。「感触は良かったよ。ゾーンをしっかり見極めることができた。ボール球をなるべく振らないように心掛けているけど、今日はそれができたね」とうなずいた。

 シーズンの最短開幕予定日まで残り1カ月。日程の組み替えがなければ、開幕カードは本拠地での巨人戦だ。昨季はリーグ王者の宿敵に10勝15敗と負け越した。ただ、マルテ自身は19試合で62打数21安打。打率・339、3本塁打とセ・リーグの中で1番の好相性を誇った相手だった。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・三塁守備が怪しいのと大山がオープン戦良かったのがあるが、最初の3連戦は外国人野手3人制でいく可能性があると思う
次のカードでガンケルかスアレスが先発要員で昇格してきた時にどうなるかだな
ボーアはしばらく固定だろうから、ポジションで大山と競争と同時に外国人枠でサンズと競争かな

・正直3塁を大山と競わせるよりボーアらと1塁で競わせる方が現実的だと思うがね。あくまでオープン戦だが、見た感じ3塁守備任せるには厳しい。肝心の打撃も大山に負けてるようでは尚のこと。
ただまあ、巨人戦では確かに澤村から同点ホームラン打ったりと印象的な活躍をしてるのは事実。そういう活躍を今年も沢山してもらえるとありがたい。

・昨年の開幕は怪我で出遅れてましたから、今年は開幕から活躍してほしいですね。
なんとか最短で開幕できるようになってほしいです。

・大山とのポジション争いにおいてチームとして分が悪い巨人に相性がいいのはかなり有利かもね。

・オープン戦めちゃめちゃ打ってたからなー。HRも出てたし今年はでかいの期待

・巨人を意識しなくなった時が、阪神が強くなったときじゃないかな?

・甲子園で沢村から打ったツーランの印象がすごい

・大山セカンドはなしなんですかね?
何か糸原だけ競争ないように見えるんですけど。

・マルテの上積みがどれだけ期待できるかだな^^

・そんなに打ってたんだ



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年05月18日 21:26 id:.lZytt8v0
    セカンド大山に固執してるやつはなんなんや
    2 名無しの猛虎魂さん 2020年05月18日 21:37 id:ibC.cjzJ0
    マルテいないうちに狩られてたけど
    怪我治ってから普通に勝ててるからな
    3 名無しの猛虎魂さん 2020年05月18日 21:51 id:pcUeSKIb0
    >>1
    二遊間の守備がどれだけ大事か理解してないおバカさんなのでしょう
    4 名無しの猛虎魂さん 2020年05月18日 21:52 id:pcUeSKIb0
    矢野の事だから、相性とか何も考えず、マルテより大山を優先しそうだな
    5 名無しの猛虎魂さん 2020年05月18日 23:11 id:gyLGJebO0
    >>4
    相性もクソもマルテは外国人枠だから相性での起用なんて無理だから
    6 名無しの猛虎魂さん 2020年05月18日 23:28 id:4fxM9RkL0
    絶対に澤村殺すマン
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット