20200524-00000037-dal-000-2-view
 阪神は2020年、球団史上最多となる外国人選手8人体制でV奪回に挑む。球団創設85周年のメモリアルイヤー。かつてタテジマのユニホームに袖を通した助っ人を年度別で振り返る。1994年はロブ・ディアーが加入。メジャー通算226本塁打の実績を引っさげて、当時球団史上最高額となる年俸2億7千万円で獲得した。

 193センチ105キロ。来日時には三振が多いという質問に「帰らせてもらう」とジョークで和ませて、マジメにこう返している。

 「可能性としては40本打てるチャンスはあるだろう。ただ、それにはピッチャーがどんな球を投げるのか。それに慣れて自分がラインアップに130試合名前を連ねられたら期待に応えられるだろう。しかし三振は間違いなくする。でもオレは前向きに考えていくタイプだし、三振しても数多く長打を放ってチームに貢献できればそれでいいじゃないか」

 キャンプでは自慢のパワーを見せつけた。安芸キャンプ合流初日のフリー練習では108スイング中、18本の柵越えを披露。場外弾による観客のケガを防ぐため前日に設置した「ディアーネット」が早速役に立った。

 シーズンに入ると、開幕4試合で14打数10三振と苦しんだ。4月15日・横浜戦でようやく来日初アーチ。数時間前には「日本人はオレの三振を見て笑っているんだろ」と話したが、「入ってくれと思った。悩んでいる自分をみんなが助けてくれた。監督もコーチもトム(オマリー)も我慢強く見守ってくれた」と感謝。猪俣の2年ぶり完封に花を添えた。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・三振しても数多く長打を放ってチームに貢献できればそれでいいじゃないか
こういう考え方は個人的には大好きなんだが
肝心の本塁打も大したことなかったからね…

・この頃の阪神のスカウトは素人目で見てもしっかり調査さたのかと思うほどおかしな基準で獲ってた印象がある。その後のマースとか上半身だけでしかスイングしないからからだはゴツくてもライナーが失速してセカンド超えない。
一年目から3割40本以上を求めすぎだった。
グレンとクールボーは優良だったのではと思っている。

・大物メジャーリーガーは、来日する時にはプライドも高いだろうから、当たればいいけど、スタートダッシュで上手くいかないとメンタル的にも厳しいと思う。
やはり3Aとかで、後はここだけ直せば、、これだけは我慢すれば、、、ぐらいのが日本では当たるのかも。

・個人的には1992年から94年までって暗黒時代じゃないのよね。
92年はもちろんだけど、93、94年も頑張ってた方だと思う。
94年はディアーも痛かったけど、オフのオマリー退団、ヤクルト移籍の方がショックだった記憶がある。

・この人に関するエピソードで最も覚えているのが、ポジションを争う形になった亀山が何を思ったのか「俺もパワーを付けなければ!」とウェート増を始め、長打力こそ多少増したものの武器だった脚力を失って怪我がちな体質になり、結果的に選手生命を縮めたことです。
もし亀山が思い留まっていたならと考える意味でも大きなディアー事件でした。

・ディアーが負傷退場した試合を甲子園で観ていました。当時私は中学生で、確か当日は甲子園球場開場75年(だったか)のメモリアル試合だったと記憶しています。
試合前の打撃練習でレフトスタンドの中段を越える当たりを見せ、すごいパワーやなと思いました。
ディアーが負傷退場すると場内アナウンスが流れた際、阪神ファンから大きな拍手が沸いたことに、同じ阪神ファンとしてなんとも悲しい気持ちになったことを覚えています。

・大型扇風機だったが守備は上手かった記憶がある。
ただしメジャーで220ホームランも打率も220くらいだったのでシーズン始まる前からマユツバものだった。
この時はオマリーもいたので不振が直接チームの成績とリンクしてなかったのが不幸中の幸いだった。
グリーンウェル、ロサリオとともにある意味印象の強い外国人でしたな!

・この年限りでディアーだけでなくオマリーも退団。ヤクルトに取られるぐらいなら残して欲しかった。
それにしても阪神は特にメジャーでの実績はあてにならないな。活躍した自前のバースやマートンなどもメジャーでの実績はそこまで無かったわけだし。

・ディアーはダメだったねぇ
甲子園の巨人戦で不振のディアーがタイムリーを打った後にオマリーが大喜びしてディアーに抱きついてる姿を見てオマリーも大変だなぁと子供心に感じてました

・グリーンウェルにしてもディアーにしてもピークを過ぎてから連れてきても通用するわけがない。実績だけ見て連れてきてはダメ。実際にちゃんとプレーを見て動けてるのかを外国人担当が見てない。だから当時から外ればかりの外国人を連れてくる

・ディアーか…懐かしいですね。まさに大型扇風機でしたね。
いくら三振が多くてもブライアントみたいに特大のホームランを打ち続ければまだ良かったのですが、ホームランどころか安打すら出ないのではどうしようもなかったですね。

・こないだのサンテレビの虎辞書なるでちょうどディアーがいる年の試合でしたね。
打てばサヨナラの場面で前進守備の内野の頭越えないどん詰まりハーフライナーでワロタ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年05月25日 00:52 id:VDvfDX2I0
    現役引退後マイナーで打撃コーチやってたらしいけど
    指導方針が"俺みたいに振るな"やって聞いて笑った
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット