20200525-00000049-dal-000-2-view
 阪神は2020年、球団史上最多となる外国人選手8人体制でV奪回に挑む。球団創設85周年のメモリアルイヤー。かつてタテジマのユニホームに袖を通した助っ人を年度別で振り返る。2001年はクルーズ、エバンス、カーライル、ペレスが加入した。

 クルーズはプエルトリコ出身。01年は新庄がメジャー移籍した年で、打撃部門の補強として獲得した。オープン戦は打率・385、7本塁打、14打点と高い能力を発揮し、「バースの再来」とファンの期待を膨らませた。

 開幕2戦目の巨人戦では因縁のメイから来日1号となる勝ち越し2ラン。その後は打率が上がらず苦戦したが、6月9日・巨人戦でフィルダー以来の1試合3本塁打を放った。6月末に左肩を痛めて登録抹消。70試合の出場で打率・234,14本塁打、34打点。手術のため帰国し、退団となった。03年に中日で日本球界に復帰した。

 カーライルはパドレスから獲得した23歳の右腕。キャンプ、オープン戦では球威も制球力もなく、不安視された。開幕は2軍で迎えテレビ観戦。来日初登板初先発は4月6日、地元開幕(大阪ドーム)の横浜戦、6回1失点で初勝利を挙げた。「経緯を振り返ると上々のデビュー」と本紙にある。1年目は7勝10敗。星野監督1年目の翌02年はわずか3試合の登板で、0勝2敗に終わり解雇された。米大リーグを経て2010年に日本ハムで日本球界に復帰した。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・70試合267打席で14本塁打だからそこまで悪いわけじゃないんだけどね
試合での印象は悪かった
中日時代の2003年も併せると141試合で515打席で25本塁打、OPS.725
長打力は間違いないけど、確実性と出塁率に難がありすぎたかな

・クルーズのバースの再来のニュースにタイガースファンがどれだけ騙されたことか。開幕直後はまずまずもその後はさっぱりで1年限りで解雇。これはドラゴンズに入団した2003年も同じだった。

・クルーズの東京ドーム1試合3ホーマーはまったくクローズアップされなかった。なぜなら巨人の清原も同様に3ホーマーして、試合も10-15と打ち負けたから。

・打席でのたたずまいとか、打ちそうな感じはしたけど、まったくあかんかったなぁ。
でも翌々年に中日も獲得したよな。
ペレスは見るからにあかんかった。

・クルーズ→バースの再来
マース→バースの再来
ジョンソン→バースの再来
ボーア→バースの再来
バースの再来だけで打順組める

・オープン戦でバースの再来、開幕2戦目でホームラン、但し最終的にはクルクル、クルーズと言われた(T-T)

・オープン戦では巨人ファンの友人から「クルーズって良い外人を取ったね」と言われていたが
シーズンに入って酷かった・・・

・クルーズって巨人戦で結構打った覚えがあるが。

・2001年の開幕2戦目で元タイガースのメイから東京ドームでバックスクリーンへ叩き込んだ豪快なホームランを思い出した。

・マートン ゴメスの両助っ人は良かったが



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年05月25日 22:39 id:h8P.MwLo0
    クルーズは逆方向に強い打球を打てないのがあかんかった
    レフトフライはいつもヘナヘナ打球だった
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット