20200529-00000033-dal-000-3-view
 阪神は2020年、球団史上最多となる外国人選手8人体制でV奪回に挑む。球団創設85周年のメモリアルイヤー。かつてタテジマのユニホームに袖を通した助っ人を年度別で振り返る。2000年はタラスコ、バトル、ハンセル、ラミレズが新助っ人として加入。大きな期待を集めた。この年は2年目のミラーとシーズン途中に加入したハートキー、フランクリンと合わせて、計7人の外国人選手が阪神に在籍した。

 タラスコは「日本でプレーすることばかり考えていた」と阪神入りを大喜び。チームは2年連続最下位に沈んでいたが「93年にブレーブス、96、97年はオリオールズ、99年はヤンキースで優勝している。常に優勝の関わり合いのあるチームにオレはいるんだ」とVの使者として意気込み、トップバッターに立候補。「スピードと打つことを生かしたい」と活躍を誓った。

 陽気で明るい性格。グラウンド外の話題も豊富だった。婚約者はマライア・キャリーの元バックダンサー。オープン戦期間中には野村監督の許可を得ると、試合を早退しマライアのコンサート(大阪ドーム)へ連れ立って出かけた。翌日に初本塁打を放ち、同監督に「集中力はさすが」と言わしめた。シーズンでは9月3日・横浜戦で節目の球団6000号を放ったが、1年で退団。102試合で打率・239、19本塁打、57打点だった。

以下、全文を読む


 



【この記事への反応】

・タラスコは長打力はあったけど、研究されたらサッパリ。
バトルは特技がバント、ハートキーは助っ人には全てが足りない、マクドナルドなんて投手もいましたね。

・ファンには申し訳ないけど、あの頃は本人の抱負に対して全然活躍しないという流れが出来上がってて、今こうやってまとめるとホント面白い

・タラスコは今の阪神なら2年目もあっただろうに期待外れとは可愛そうに
ナバーロ、ロサリオ、ロジャース、キャンベル、ヘイグより長打力があり強肩で外野守備も安定していた助っ人でした
レッゴートニー!!

・シークリストとハートキーがごっちゃになってるけど、今となってはワシも見分けが付かんが…
ハートキーがボテボテのタイムリー内野安打を打ったときに解説の森祇晶さんが『外国人選手がこれでは…』と苦笑しかない感じやったんを思い出す、暗黒のひととき。

・懐かしいな…
タラスコは長打力が魅力だった。しかし研究されてオワタ。
バトル、ハートキーは不良債権。マクドナルドとかいう人もいた。
ノムさん、ホントお疲れ様でした(´・ω・`)

・改めて紹介されるとよくもここまでハズレるなと
ハンセルは当たりな方ではあるが最下位のチームを浮上させる選手でもないからな

・タラスコは新庄やカツノリとも仲良く陽気なキャラだったよね!
後半からは打撃フォームを改良するなどそこそこ打ってた印象

・毎年毎年バースの再来が現れてましたな。
外野手でもバースの再来右打者でもバースの再来。
30年以上経ちますかいつになったらめぐり会えるんですかね。

・5勝13敗、防御率3・49
暗黒時代の阪神を象徴している成績。

・↑藪「世の中には悲惨なやつもいるんだな」

・タラスコは人気高かった記憶があるね。
「1日首位」を取った時、タラスココールでめちゃくちゃ盛り上がってたような。

・タラスコは、2、3年使っても良かったと思う。次に引っ張ったやつが外れなら一緒。

・タラスコは阪神の外国人選手の応援方法である
レッツゴー○○の最初の人物。
名前もトニーだったからとても言いやすかった思い出

・タラスコは当たりではないけど外れでもない



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年05月29日 19:35 id:lcak6Z9r0
    タラスコは後一年見て欲しかった。最後は適応でき始めたと思ってたから。
    メジャーに戻ってもまた阪神でやりたいと言ってたから余計にね。
    2 名無しの猛虎魂さん 2020年05月29日 20:04 id:F5kx5bRZ0
    ハズレっていうのはかわいそうな成績
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット