阪神-コンラッド-画像-300x250
 阪神は2020年、球団史上最多となる外国人選手8人体制でV奪回に挑む。球団創設85周年のメモリアルイヤー。かつてタテジマのユニホームに袖を通した助っ人を年度別で振り返る。2013年はコンラッドが加入、シーズン途中にボイヤーが加わった。

 コンラッドは「コンちゃん」の愛称でナイン、関係者から親しまれた。入団会見では入場する前に「ワタシノ…ナマエハ…コンラッドデス」と日本語での自己紹介を練習する声が漏れ伝わってくるほど。第一声も「球団の方がとてもいい席を用意してくれて感謝しています」と飛行機のファーストクラスを用意した球団にお礼した。

 闘争心あふれるプレーが持ち味のスイッチヒッターは「アグレッシブに、グラウンドで持てる力のすべてを出し切る」と気合。2月のオープン戦では左打席で2ランを放つと、右打席でも安打を放った。水谷チーム打撃コーチは「随所でいいところを見せてくれた。でもあんまり褒めちぎるなよ!」とくぎを刺したが、周囲の期待は高まっていった。

 ヤクルトとの開幕戦は「7番・三塁」でスタメン出場。2打席連続三振の後、右翼線と左翼線へ2本の二塁打を放った。だが快音はピタリと止まり4月後半に2軍降格。交流戦で出場機会を得たが、24試合の出場で、打率・175、本塁打、打点はゼロに終わった。

以下、全文を読む


 


【この記事への反応】

・巨人ですぐ帰る選手は大半が地味でもはやフィールズとか言われても名前すら怪しい人も多いと思うけど阪神の場合、名前聞いてパッと思い出せるもんね。
やっぱり春先からバースの再来とかで盛り上がってるのが原因かな。

・ボイヤーは先発志望だったんですね。
外国人枠の兼ね合いで解雇となりましたが、その後MLBで200試合近く登板してたはずなので、きっと残留しても活躍してくれていたでしょうね。

・ボイヤーはメジャーに帰ってから活躍してて嬉しかったなぁ
ただタイプとしては三振取るより打たせて取る感じだったから、あのまま残留してたら翌年以降の阪神の守備の急激な悪化に耐えられたかどうか…。

・ボイヤーはいいピッチャーだった
コンちゃんはめちゃくちゃ日本に馴染もうとしてたしすごく好印象な外国人だったけどね…
この頃はどうしてもいい三塁手がいなくて苦労してたイメージ

・オープン戦で満塁本塁打打ってたぐらいしか記憶がない

・素手でバッターボックスの土を手に着けてたの印象が強すぎる。
そしてボーアも素手…

・ボイヤーは球団によっては普通に残しただろうな
代わりに来たのがオ・スンファンだから仕方ないと言えばそうなんだけど



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1 名無しの猛虎魂さん 2020年06月02日 23:11 id:TtrIfij60
    長打を意識して大振りしてたのがね…
    オリックス戦でのスリーランは覚えてる
    2 名無しの猛虎魂さん 2020年06月02日 23:13 id:heazOhZm0
    一度で二度死ぬ奴か?
    3 名無しの猛虎魂さん 2020年06月02日 23:26 id:YJ0fSbZb0
    翌年来たゴメスが『コンラッドの再来』呼ばわりからの大活躍だったね
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット