12球団
1: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:03:20.43 ID:CAP_USER9
プロ野球は24日、パ・リーグの3試合のみが行われ、3位の楽天が2位のロッテを3-0で下して5連勝、同一カード3連勝を果たして2.5差に詰め寄った。4連敗中の首位のソフトバンクがオリックスと3-3で引き分けたため、ロッテとは2差、楽天まで4.5差となり、優勝争いと共にクライマックスシリーズの出場権を争う2位争いが激しくなっている。一方のセ・リーグは巨人にマジック「28」が点灯。2位の阪神とは11.5差あり、セは今季CSがないため10月は消化試合が増えそうな気配。なぜ「セパ格差」が生まれたのか?

3位楽天が2位ロッテに3タテで2.5差
 楽天がロッテの背中を捉えた。
 先発左腕の松井裕樹が、毎回、得点圏に走者を背負いながらも5回を5安打無失点、12奪三振の力投を見せた。圧巻だったのは5回二死満塁のピンチでの投球。6番の井上晴哉を0-2と追い込み、144キロの力のあるストレートをインハイに投じて、ファウルチップで三振に打ち取ったのである。

 先発に転向し3勝目をマークした松井は、試合後、2回にプロ8年目でプロ初本塁打を放っている下妻貴寛のリードを称えた。
「初球にカーブのサイン。驚きました。でも、ストライクが入り、それがあったから三振をとれたのかなと思います」
 初球のカーブは、井上の頭になかった球種。簡単に見逃させてストライクをひとつ取ったことが、ここまで、球数が110球もかかっていた松井の組み立てを楽にした。
 6回からは、寺岡寛治、D.J.ジョンソン、酒居知史、ブセニッツとつなぐ完封リレー。17日のオリックス戦から4番に起用されている茂木栄五郎が、下妻の先制アーチに続き、3、5回と2打席連続のタイムリーで奪った3点のリードを守った。
 楽天は、9月に入って8日からのソフトバンク戦で3連敗、14日からも日ハム、オリックスの下位チームに3連敗するなど調子に乗れず、2位のロッテとのゲーム差も開いていたが、直接対決で3タテに成功して2.5差に迫った。

ヒーローインタビューに立った下妻は、「ゼロに抑えたら負けることはない。嬉しい勝ち方。ここ最近はいい形で勝てている。どんどん上に上がっていけると思う」と、チームを代表して、そう語った。

 新型コロナの影響で日程短縮となった今季のCSは、1位と2位チームだけで争われるが、優勝争いと同時に2位争いも熱を帯びてきた。4位の日ハムも2位のロッテまでは5.5差につけておりCS出場の可能性はある。
 ロッテは、今日25日からZOZOマリンでソフトバンクと3連戦、楽天は29日から楽天生命パークでソフトバンクとの3連戦を控えており、この1週間で、また優勝争い、2位争いの構図が大きく動くかもしれない。

 だが、一方のセは、独走している巨人のマジック「28」。巨人が全勝、マジック対象チームの阪神が全敗すれば、最短で10月12日にも巨人の優勝が決まる。2位の阪神は8試合、3位の横浜DeNAは9試合、巨人との直接対決を残しているが、よほどの大型連勝を作らない限り、逆転優勝は、ほぼ奇跡に近く、今季のセは、CSがないため、10月は消化試合が増えることが危惧されている。

 なぜここまでの「セパ格差」が生まれてしまったのか。
 巨人、楽天、西武などでヘッド、戦略、作戦コーチを務めたことのある野球評論家で新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ強化アドバイザー兼総合コーチの橋上秀樹氏は、「組織力と監督力の違いがセパのペナントの違いを生んだのではないか」という見方をしている。

「開幕前にセの方が戦力的には拮抗していると見ていた。ヤクルトと中日は戦力的に苦しいが、巨人、阪神、横浜DeNA、広島の4チームは、そう差がなく最後まで優勝争いをすると予想していた。一方のパは、元々戦力の整っていたソフトバンクに加え、楽天がオフに大型補強を行い、昨年優勝した西武の強力打線を考えると、ハッキリとAクラスとBクラスに分かれてしまうのではないかと考えていた。だが、蓋を開けてみるとCSのないセは巨人が独走。CSのあるパは混戦となり面白くなった。何が違ったのか。私は監督力と組織力の違いが大きな原因になったのではないかと見ている」
 橋上氏が分析する一つ目の理由は組織力だ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/e257498d698d386123012c7fda5987b4ea5089a1?page=1

5: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:05:53.82 ID:5nzoLOiw0
はよDHを導入せぇと

8: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:08:46.34 ID:QtWPe32C0
広島がここまで落ちるとは思ってなかったわ
何が原因だ?

23: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:20:27.61 ID:vQQXAuiO0
csあるかないかの違い

25: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:20:48.30 ID:C8UcFjVK0
今の野球ファンはそこにある試合を楽しんでるので、案外関係ない

 



30: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:25:33.86 ID:jBVQKYuD0
それはセとパの格差ではないやろ

31: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:26:21.37 ID:KB94M4E90
交流戦が無いから、巨人を叩けるチームがいない

毎年交流戦でパリーグに蹴散らされて、
いい感じに団子になってたのに

46: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:36:28.70 ID:o4m2c3bb0
阪神 エラーだらけ
広島 チームが締まらない
横浜 監督采配が酷い
中日 人材難
ヤク 人材難

49: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:38:32.67 ID:vQQXAuiO0
巨人包囲網やれよ
2位も6位も同じだろ

53: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:39:51.19 ID:sBx9tV/p0
これだけ過密日程だとベストメンバーより戦力層がモノを言うし
監督力での格差も大きくなるんだなと

54: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:40:19.97 ID:fkhWNDT70
広島が案外だった

74: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:53:34.19 ID:6dSaBsel0
メジャーは両リーグとも白熱したポストシーズン争いしとるよ


引用元: http://2chspa.com/thread/mnewsplus/1600995800


    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 15:47 id:pjmH0Spc0
      セントラルって下手したらオリックスでもAクラスに入れるかもしれないレベルだからじゃないかな
      パリーグと戦えるかもしれない巨人がセントラル独走は当然の結果
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 15:51 id:3xTpDBBw0
      >>1
      相変わらずDHのせいとかに逃げてるしな。。少し昔はパがボロボロにされてた時あるのに。全体の取り組みの問題。。マジで悲しいわー。毎回交流戦とかでボコられて。
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 16:00 id:ZNhJTr3S0
      なんで交流戦の話するやつって巨人トータル勝ち越し無視して話すんのかね?
      今年交流戦あったら今頃15ゲームやろ
    4. 4 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 16:05 id:7UQHY7HR0
      ソフトバンクと巨人が共通してるのが3軍制。
    5. 5 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 16:15 id:ywK4bz.q0
      >>1
      昨年、巨人はソフトバンクと戦って、ソフトバンクの強さを思い知らされた。
      だからこそ、ソフトバンクと互角に戦えるチームを作らなくてはならないという意識で準備をしてきた。

      他のチームは、あの強さを目の当たりしていないので、危機感は巨人より低いのだと思う。
      その差が出ているのかな。
    6. 6 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 16:23 id:hgiZqnWM0
      今年は第二ステージが無いから
      し烈な2~4位争いが無いからな、やる気が無いね
    7. 7 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 16:30 id:CmhPzGfP0
      CSないから最下位チームが勝ち星献上しがち
    8. 8 名無しの猛虎魂さん 2020年09月25日 16:48 id:vF15UYzP0
      セもパも関係無い
      今年のセ・リーグの場合は力の差と言うより
      ペナントレースを制するのは毎年一緒で
      走攻守のバランス
      特に投手陣のレベルやバランスに層の差が順位に出る
      例えばリーグ制覇の1位のチームが打撃のチームで
      投手力の良い2位のチームにCSで敗退する事がよくありますが
      勝率を上げる事は投手力を上げる事なのです

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット