キャプチャ
阪神では6年ぶりとなる生え抜き指揮官、岡田彰布監督が誕生したのは平成16年(2004年)のこと。前年に星野仙一監督の下で18年ぶりのリーグVを飾った余韻が残る中で臨んだ就任1年目のシーズンは4位に終わった。翌年にリーグ優勝していることから平成16年は「空白の1年」となった格好だが、春季キャンプから沸きに沸いていた。早大からドラフト1位入団した鳥谷敬内野手(現ロッテ)の存在があったからだ。

 注目は正遊撃手争いだった。即戦力として将来も嘱望されていた鳥谷にとって、最大のライバルは平成15年に初めて規定打席をクリアし、キャリアハイの打率3割1厘をマークしV戦士の一人となった藤本敦士。「牛若丸」の異名を取る名遊撃手で昭和60年(1985年)の日本一監督、吉田義男氏による直接指導も展開されるなど、キャンプ一番の見どころとなった。

 一方でグラウンド外では物騒な「事件」も発生していた。熱狂的な鳥谷信者とみられる一部ファンから藤本の実家が営む兵庫県明石市の焼き鳥店に嫌がらせの手紙が舞い込み“警察沙汰”となったのだ。

以下、全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba7022889f2e79a1ad22a02145e938ffb971a07b

 



【この記事の反応】

・確か星野元監督が、開幕遊撃スタメン、阪神遊撃での一本立ち、背番号は1番を用意させる、との事で自由枠で獲得したとの話でしたから、この事は最初から決まっていたそうですが。
翌年には鳥谷の遊撃を中心にコンバートされた今岡、藤本も活躍して優勝し、長年遊撃を務めた鳥谷でしたからね。
鳥谷の努力もありますが、故障にも強いのが良かった。

・エリートっぽい鳥谷とどん底からの叩き上げの藤本は本当に対照的でしたね。
後年、藤本は腰痛を再発させて選手寿命は長くなかったので、結果的に鳥谷を選んだのは正解だったのでしょうが、あの時の藤本はさぁこれから飛躍する!って感じだっただけに残念でした。

・当時前年活躍した藤本を押しのけて鳥谷を起用したように覚えてる。
鳥谷が藤本ファンから嫌がらせを受けた記事かと思ったら逆なんやなぁ。

・話とは無関係だが、阪神のユニフォームはこの時のが1番好きです。

・丸の実家にも広島ファンから嫌がらせがあったよな

・住所を知られてるってのが怖いな

・そんな苦情を入れるような人は、今も昔も一定数いたということですね。今はネットを通じて簡易にそれが可能なんで、表層化しやすいんでしょうが。
実際、どんな人がそんなことしてるんだろう。

・顔が見えないことをいいことに、卑怯すぎる。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2021年01月13日 18:13 id:.SntPwMO0
      当時ショートでレギュラー獲ろうと思ったら阪神かオリに来るしかなかったからな
      他は二岡井端石井宮本シーツ川崎小坂中島金子と豪華メンバーが揃ってたから
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2021年01月13日 18:23 id:mcwWncsN0
      焼き鳥店なのちょっと草
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2021年01月13日 18:36 id:iYQ9cLJs0
      岡田って生え抜きちゃうやろ
      まあ阪神出身って意味合いなんやろうけど
    4. 4 名無しの猛虎魂さん 2021年01月13日 20:16 id:okthlSUK0
      >3
      は?何いってんの?
    5. 5 名無しの猛虎魂さん 2021年01月13日 20:42 id:jAIuYMmW0
      >>4
      合ってるやん
      生え抜きは一度も他球団に移籍せずにおった選手やで
      この場合OB、出身が正しい
    6. 6 名無しの猛虎魂さん 2021年01月13日 21:17 id:C23tyRMi0
      藤本の方が良かったんじゃね?
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット