キャプチャ
 今年、阪神の核を担うであろう近本光司外野手(26)、大山悠輔内野手(26)を陰で支える男がいる。こころ整骨院代表・仲林久善氏(35)だ。体のメンテナンスやフィジカル強化だけでなく、食生活についてもサポート。進化を続ける2人の体と向き合ってきた仲林氏が、近本のストイックさや大山の食に対する意識改革について明かし、秘める潜在能力を語った。

 猛虎の中核を担う選手会長と主将のタッグはすでに組まれていた。近本が大阪ガス時代から指導を受けていた「こころ整骨院」代表の仲林氏に、大山も一昨年オフから体のメンテナンスやトレーニングなどを依頼。きっかけは1年目を終えた近本が同級生の大山に声をかけたことだった。

 「体のバランスとか、食事などそういったことに興味を持ってくれた」と大山について明かした仲林氏。若き主砲の肉体改造がスタートした。

 体が資本となるプロ野球選手で最も変化したのは“食育”だった。同氏は「近本選手は元々、食事についてはストイックでやっていたので、微調整をするぐらいです」と話す。一方で「大山選手は、いいモノと悪いモノだったらいいモノをとってねという感じです」と良質な栄養補給が課題だったという。

以下、全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/215614be2a52413cb70076c8e1781bdd832d4c18

 



【この記事の反応】

・はー。確かに去年のキャンプ開始頃は体でかくなったなあと思っていたけどそんな秘密が。闇雲に身体鍛えれば良いって話じゃないんだね(当たり前だが)。
しかし近本と大山の二人は本当に野球に対してストイックだね。結果を出してるのも頷ける。これくらいストイックな選手がもっと増えてくれると良いんだけど。

・やっぱりトレーニングと食事は切り離せませんね。
大山は元々守備範囲が広いんで、初動を強化して成功したらゴールデングラブも狙えると思います。

・この二人は阪神の屋台骨。生え抜きでこの先10年以上阪神のスタメンで活躍してくれる選手。
金本、鳥谷と続く鉄人の後継者にとして期待しています。

・小幡や井上も積極的に参加し、長打力を兼ね備えた打撃力を身に着けてほしい。今日の野球では肉体的ピークは28歳。それまでどこまで上げれるか。

・大山くんはスラッガーとしては来年が勝負。かつての浜中や中谷みたいに、単年で成績を残した選手はいたけど、それを翌年以降も継続するのはほんと難しいように思う。
でも本人はかなりストイックな性格みたいなのでその辺は理解してそうやし、杞憂で終わるかな?

・オフシーズンだけじゃなく、シーズン中もコーチ陣と連携とってトレーナーたちがもっとトレーニングや技術面で指導ができるようになればより良くなると思いますね。

・そうゆう事だったのか
確かに去年から大山の身体が厚みを増してるし、近本も小柄だけど怪我をしない。
上本がもっと前に仲林さんと出会っていればとふと思った。

・高山はこういうこと考えて身体大きくしたんか?

・佐藤、井上、遠藤、小幡あたりも仲間に入れてあげて

・食事・睡眠・走り込みは絶対大事だと思う。

・twitterで見た近本のジャンプはヤバかった

・この自主トレに佐藤と井上も加わることを願う



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2021年01月13日 21:41 id:vKp.SMmX0
      大山よ
      昨シーズンの打撃覚醒
      1年で終わらんといてよ
      今シーズンも頼んますよ
      打率3割 30本塁打 100打点
      大山がこの成績を残してくれたならば
      阪神は優勝できる
      間違いなくね

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット