キャプチャ
 新天地にフィットするか――。昨季途中のロッテ加入で日本球界に復帰し、今季は阪神でプレーするチェン・ウェイン投手(35)が活躍できるかどうかには、いろいろと条件が付きそうだ。

 中日やメジャーで実績を残した台湾出身左腕は昨年9月にV争い中のロッテに電撃加入し、公式戦4試合に登板。0勝3敗と白星こそ付かなかったが、全4試合でクオリティスタート(先発投手が6回以上を投げて自責点3以下)を達成し、防御率2・42と抜群の安定感を誇った。

 ただ、10年ぶりとなるセ・リーグでも結果を残すには「打線の援護」と守備陣の「堅実な守り」が前提となりそうだ。特に後者は7月で36歳となるベテラン左腕の生命線とも言える。現在のチェンの投球は全盛期とは異なり「打たせて取る」が中心だからだ。

以下、全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/87b1829ef32cbf70df1902b1cfc98a47878d50dd

 



【この記事の反応】

・マーリンズ時代なんて10億以上貰って活躍できなかった過去があるし、別に2億が重圧になるとは思えないんだけどな…
広い甲子園球場で無双してくれる事を祈ってます。

・そもそも阪神で本格派の先発投手って昨シーズンで言えば藤浪と高橋ぐらいじゃないんですか?
青柳も秋山も西もあとガンケルとかもだけど、打たせて取るタイプでしょ。
それでも西や秋山にはしっかり勝ちがついてる。コントロールがよくテンポの良い投手は阪神打線でも援護が多い。

・投球は中日時代からモデルチェンジし変化球を低めに集めて打たせて取るスタイル。先発完投は望めないが6回あたりまでで2、3失点なら矢野さんも想定内でしょう。

・守備に関してはチームUZR自体は改善してきてるし、阪神はゴロピッチャーばかりだけど投手陣はかなりの成績を残せているので、チェン自身のフィールディングに問題がなければ大丈夫でしょう。金額も2億ぐらいなら大してプレッシャーにならないでしょう。メジャーにいた時はもっと貰ってた訳ですしね。

・投球は中日時代からモデルチェンジし変化球を低めに集めて打たせて取るスタイル。先発完投は望めないが6回あたりまでで2、3失点なら矢野さんも想定内でしょう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2021年01月14日 22:07 id:70Wz.Xuw0
      ショートが小幡なら大丈夫や
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2021年01月14日 22:30 id:3AX.lmAF0
      小幡厨の声もデカくなってきたな
      対立煽りかもしれんけど
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2021年01月14日 22:48 id:h.hnLzFo0
      生え抜きが試合に出るようになったら今度は高卒が少ないって文句いうような贅沢な連中に言うだけ無駄
    4. 4 名無しの猛虎魂さん 2021年01月14日 23:38 id:OMaRMFG30
      チェンってモデルチェンジしてたんやな
    5. 5 名無しの猛虎魂さん 2021年01月15日 04:03 id:hMnovpdk0
      まっガルシアみたいな事は無いよ、チェンには期待してる
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット