キャプチャ
 阪神・岩貞祐太投手(29)が18日、沖縄県内のグラウンドで阪神・坂本誠志郎捕手(27)、オリックス・能見篤史投手兼投手コーチ(41)との自主トレを公開した。岩貞は今季は投手キャプテンにも就任し、能見からは貪欲に技術や精神面を学び取り、チームの優勝に向けて「能見超え」の60試合登板と、防御率1・50以下を目標に掲げた。

 何より願うのはチームの勝利であり優勝となる。投手キャプテンとして迎える8年目のシーズン。投手陣の中心となり、引っ張っていく自覚と覚悟も年々増してきた。大先輩らが抜けた今季は自分がやるしかない。岩貞が、高い目標を掲げた。

 「中継ぎなら60試合登板とか防御率も1・5点以内で、バシッとチームに頼られる、厳しい場面で出ていく。そういうところで1年やっていきたい」

 昨季は先発で8試合に登板し、8月に中継ぎに転向。そこから30試合で5勝1敗8ホールド、防御率3・00という成績を残して適性を示し、貢献した。勝利に導くためにも、絶対的な存在になるしかない。目指す理想の投手像へ。今オフも先輩の力を借りている。

以下、全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/3893d033383a9703530314abd4adc1834eed7836

 



【この記事の反応】

・今の阪神の先発陣を考えたら岩貞は中継ぎで妥当だと思います。
防御率1.5で60試合はかなり高いハードルですけど、岩貞なら無理な目標じゃない。
是非、チャレンジしてもらいたい。

・中継ぎの方が稼げそうやしなぁ。
岩貞の中で先発だと将来的に厳しいのを感じたんやろか?
先発志向が強かっただけに中継ぎに好意的なのが意外やった。
でも去年の活躍は中継ぎエースやったしリリーフに強力な左が加わったのは大きい。
その時は藤浪も中継ぎにいたし一昨年の中継ぎで能見さん以外総入れ替えであの厚みのブルペンを用意出来た阪神には痺れたわ。

・8回岩崎、9回スアレスは当確。
岩貞を7回の男にするのか、便利屋として起用するのかどうなるか見ものだね。

・出来れば全盛期の能見のように先発でバリバリやって晩年は中継ぎという風になって欲しいのだが...

・↑でも今の先発陣考えると、勝つためにはこれが最善だし、意外とリリーフの方が合ってる気がします。

・先発の拘りはどんなもんか知らんが、結果出せるところで頑張って欲しい。

・この写真観ても能見にオジサン感が全くない!

・左は 優ちゃん 岩貞以外に誰が入るんやろ ?
島本は 計算できないし うーーん 不明や ・・・

・先発でやってほしい。

・まだまだ若いんだから、中継ぎに落ち着かず先発の座を狙って欲しいね。

・岩貞の中継ぎも魅力的だが、先発に戻ってきてもらいたい



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット