キャプチャ
<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

今季限りで現役を引退した阪神上本博紀氏(34)の記事を見て、ふと思い出した。約3年前、阪神ナインの高校時代をたどる企画で、上本氏の恩師、広陵(広島)・中井哲之監督(58)に話を聞いたことがあった。入学当初の印象は、小柄な普通の少年。そこから現役12年のプロ生活を全うし引退した。類いまれな野球センスとともに、想像できないほどの努力があったのだと思った。

中井監督の声は、電話越しにも寂しげだった。「さみしいですよね。この日は誰しも来るんですけど。あの体で12年間、ようやったと思います。ケガとの戦いでもあったし、ケガさえなければとも思います」。引退の結論を出すまでも何度か連絡を受けていたが、上本氏はあらためて昨年12月、引退の報告に広陵を訪れたという。スーツにネクタイをきっちり結んだ姿。やってきた教え子を見た中井監督は、真面目な上本らしいなと感じていた。「よう頑張ったな」。心からのねぎらいの言葉だった。

勝負強い姿が、中井監督の心には今も残っている。「一番大事な時に、一番大事なところで打つ子でした。広陵を大きなところに持っていってくれた。この子が一番、そういうものを持っています」。高校2年時のセンバツでは、大会個人最多記録にあと1と迫る12安打を放ち、優勝に貢献。2年夏の甲子園は初戦で先頭打者本塁打を放ち、敗れた2戦目まで全10打席で出塁した。当時から甲子園に愛されていたのかも知れない。

以下、全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/6061727964846360501e9853fd0620e6aa6430d0

 



【この記事の反応】

・レギュラーをつかめそうなところまで行ってそのたびに怪我に泣かされた印象です。でもけして大きくない体でプロで10年以上やったのは同じく体が小さい選手に夢を与える存在だと思います。阪神ファンとして引退してすぐに野球に携われるポジションを球団が用意してくれたのは嬉しい。アカデミーのコーチとして第二の上本を育ててもらいたいです。
そういえば高校時代は俊介とバッテリー組んだこともあるんですよね

・あの小さな身体で捕手を志願して内野手~捕手へコンバートしてセンバツ出場
常に出塁して ハツラツとしたプレー
早大では主将として ホームスチールまでやってのけ 数々の伝説を作った選手
阪神に来てくれて良かった
阪神で引退してくれて良かった
子どもたちに 野球の魅力
伝説を伝えてもらいたいです

・>ハツラツ
まさにその通りです。
長年高校野球(甲子園)を観てますが、ハツラツという言葉から一番に連想するのは上本選手ですね。
広島が高卒で取らなかったのが意外でした。

ソフトバンクの柳田の憧れだった選手ですからねえ

・上本選手、お疲れ様でした。
プロ野球選手としては決して大きな体格ではなかったけど、パンチ力もあり、足も速かった。いい1番打者だと思ってました。
ただただ、ケガが多かったのがつくづく残念でなりません。

・引退して球団からポジションをもらえるのは、12年と真面目な性格を認めてもらえたからだと思う。これからも阪神で頑張ってください

・第二の人生のスタート。
子供野球教室で成長してほしいな。
頑張ってください。

・プロ野球選手が、引退時に恩師の所に挨拶に行くと言うのは、寂しさは当然で、それ以上に恩師孝行なのかもしれないですね

・当時ドラフトで上本がドラフト3位でまさか阪神に決まった時はめちゃくちゃ嬉しかったわ

・いつか阪神で上本監督というのを見てみたいなぁ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2021年01月20日 21:12 id:SpP6SZkh0
      上本監督に草
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2021年01月20日 21:17 id:PreHkl9e0
      ヤフコメの阪神で引退してくれて良かったって書いてる人、
      上本は他球団行きたかったのにオファーなくて引退せざるをえなかっただけだから、本人的には阪神で引退したかったわけじゃない
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2021年01月20日 23:18 id:hpwIieK20
      絶好調のときに怪我したのが痛かった。二塁へスライディングしたときやったかな。
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット