キャプチャ
 阪神・西勇輝投手(30)が19日、甲子園の室内練習場で自主トレを公開し、オンライン取材に応じて“打倒菅野”を宣言した。師と仰ぐ巨人・菅野が今オフの米メジャー挑戦を断念し、1年契約で残留。右腕は「優勝チームのエースを打ち崩す」とチーム一丸で完全攻略すると決意し、自身も“三度目の正直”で投げ合いを制する覚悟を示した。

 避けては通れない“師匠”との戦い。西勇は菅野との直接対決を思い描き、投げ合いを制する覚悟を示した。「自分のパフォーマンスを出せたらいい。言葉ではなく、体で感じながら対戦していければ」。巨人の大黒柱を倒せば、16年ぶりのリーグ優勝に近づく。

 菅野とのマッチアップは過去2試合。いずれも自身に勝敗は付いていないが、阪神は負けている。2度目の対戦となった昨年の開幕戦では、プロ1号を放って孤軍奮闘したものの、逆転負けで白星を献上した。その後、敵軍のエースはプロ新記録の13連勝をマークして、連覇の礎を築いた。

 「優勝チームのエースを打ち崩すというのは大事なことだと思う」。三度目の正直でリベンジに闘志を燃やすと同時に、西勇が求めるのは全員一丸での完全攻略だ。頂点を目指す上で「僕たちがどう勝っていくかということが大事かなと思う」と表情を引き締めた。

以下、全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/4168c9111ab4cef19ec92ba2ccb5d3bb3f86d1f5

 



【この記事の反応】

・菅野に負ける事よりチームの事を考えたら菅野以外に負けてた事が大惨敗の一番の元凶だったと思う。
昨年の菅野はそうそう勝てる相手ではない。
ならば他の投手の時にまずは勝たないと。

・とにかく巨人戦に勝たないとタイガースの優勝は厳しいので、今年も期待してます!

・西がオリにいた頃の菅野との合同トレ動画見たことあるけど、お互いをリスペクトし合ってる感じがしてよかった。

・西はオリックス時代、2桁投手だったが、2桁負けた投手でもあった。なので、阪神に来てそれがなくなりつつある。なので、セリーグに合っていたんだろう。変化球を巧みに操り、打者の打ち気を逸るところがセリーグにマッチしていたと思う。今年も昨年ぐらい勝ち、西と同じような投手がもう一人出てきたら、間違いなく優勝の可能性は高くなると思っています。

・移籍前は勝ちと負けが同じような投手だと批判してた人達もこの2年の彼のピッチングと結果に批判することもできなくなったね。
今年もエースとして期待してますが西投手がいうように、あと2年以内くらいに西投手が3〜4番手になるくらいに力と安定感を備えた若手投手の台頭を期待したい

・西以外いないでしょ。
後ろはスアレスが残ってくれたので、岩貞岩崎スアレスを中心に考えて、先発は藤浪が覚醒してくれると本当に希望が持てる。
西、はると、秋山、青柳、藤浪、アルカンタラか。去年の内容を見て、西とはるとは大丈夫やろと思えるけど、それ以外は、、、、なんだよな。秋山も大量得点に助けられた所があるし。先発の駒が少なくなりつつあるので、マジで藤浪に頑張って欲しい。

・普通で考えたら西勇だけど、
キャンプ・オープン戦を見て、任せても良いと思えるピッチャーが他に出てきてくれたらなぁ。

・今年は当然「西勇」
来年は開幕候補は誰になるのか?
と高い方のレベルで競争が起こって欲しい。

・西がバリバリのうちに一人前の若手が育ってほしい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2021年01月20日 23:18 id:.A4qxBoI0
      緊急事態宣言中にルール破りした外様がエースなんてやだ
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2021年01月21日 01:00 id:6Exrul8o0
      >>1
      藤浪や高橋ハルトや青柳に言え
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット