キャプチャ
 野村監督が就任した1999年、桧山氏は迷いの中にいた。前年まで3年連続2桁本塁打。人気球団の4番に座り、一見順調な野球人生。ただ「他のチームに行ったら、俺試合に出られるのかなとか、そんなことばっかり考えていました。『阪神だから出られるのかな』とか。行き詰っていたんです」。

 2000年の野村体制2年目、2歳年下の新庄剛志外野手(日本ハム新監督)は4番を打っていた。新人から2年連続3割を打った坪井智哉外野手もいた。一方で桧山氏は、外国人との定位置争いに敗れ出番は減る一方。甲子園では辛辣な野次が飛んだ。濱中治外野手も台頭してきた。「こりゃ、ヤバいな」。危機感に襲われた。

 出番は、大して勝敗と関係のない場面に追いやられていった。「大差で負けてる試合の9回2死、ランナーなしとか、本当に気持ちが上がらないとこの代打ですよ」。試合前の練習で、他球団の選手に「桧山さん、切れんでくださいね」などと励まされるような状況だった。

 ベンチに座っている時間のほうが、遥かに長い日々。野村監督のぼやきが耳に入るようになる。考える時間はたっぷりあった。いつしか「俺が捕手だったら、こう投げさせるのにな」という見方が芽生えた。誰に聞かせるわけでもなくぼやく指揮官と、配球対決しているような感覚に襲われた。いつしか磨いた“捕手感覚”を生かして、打席に立っている自分に気がついた。

全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9784e2368b170c1ad1abdca194819970546132b

1: 風吹けば名無し *** 14時間前
野村監督が生前、いろいろ印象の強い選手はいるし、世話を焼いた選手は多々いるが、あまり手をかけた覚えがない選手で桧山がいるが、彼は会えば必ず挨拶に来てくれるし礼儀正しい
キャンプの野村ノートの講義もしっかり聞いていた。何故、自分の事を慕ってくれるのかはわからないが、と言っていた
この記事見て、あー、ひーやんはそう言う事で野村監督から学んで慕っていたのだな、思った

2: 風吹けば名無し mxv***** 15時間前
桧山はノムさんが監督に就任するまではなんか大雑把な打撃の印象。ノムさんと出会ってから、打つ時、甘い球を見逃さずにヒットにしてたな。

3: 風吹けば名無し ore***** 14時間前
記事には書かれていませんが、桧山はノムさんに手紙を書いてました。
打撃について。
ノムさんからは「逆方向に打てるように思う練習しなさい。投手からしたら引っ張り一辺倒の打者は打ち取りやすいが、逆方向に打つ打者は投手も打ち取りにくい。高橋由伸がまさにそう。逆方向に打てるようになれば、打てる球も増えるので自然と打率が上がる」
このアドバイスで桧山は逆方向に打つ練習を始めて、2割後半から3割打てるようになったようです。

 



4: 風吹けば名無し hjl***** 3時間前
当時シーズン終了後、選手に感じたこと、来年に向けて等何でもいいから書いて提出するように言い、ノムさんはそれに対して1人1人丁寧に返信していたようですね。それを真摯に受け止めて活かした桧山のような選手が少なかったのが残念。

5: 風吹けば名無し tig 14時間前
ひーやんのHRキャリアハイは97年の23HRやけど打率.227三振150で確実性はかなり低く、翌年から成績は下降して00年31歳の年には.220HR4まで落ちてもうダメかなと思った。翌年3割打って2013年の44歳まで現役を続けれたのはノムさんとの出会いが無ければあり得なかった

6: 風吹けば名無し 甲府 13時間前
青田昇さんが生前、野球中継の解説中に「もし最後にもう一人だけ指導出来ると言われたら、誰を教えたいか?」と聞かれたとき、ほぼ即答で「阪神の桧山やね。桧山」と仰ったことを、強烈に憶えています。
「ちょっとのことなのよ。ちょっと変われば、3割打ちますよ」。
まさか、桧山が・・?とその時は思いましたが、その後すぐに亡くなってしまった青田さんの代わりに現れたのが、なんとノムさんだった、ということなんですね。

ひーやん、「人にとっても恵まれた野球人生」やなあと、思います。

7: 風吹けば名無し hn1***** 12時間前
野村監督の「ID野球」をみるみる吸収していった桧山氏は、99年は73安打、00年は35安打と低迷していたが、野村監督3年目の年に、リラックスして肩の力を抜く打法を身につけ、ようやく開花。監督室に呼びだした桧山氏に野村監督は、こう言ったという。

「3割初めてか?お前が頑張って3割打っても、チームは最下位や。まあ、でも4番で、よお頑張った。おめでとう!」

これが3年間で一番長い会話だったと苦笑を交え振り返った桧山氏だが、「これがめっちゃ嬉しかった!やっと認めてもらった」とも明かしている。

8: 風吹けば名無し fuk***** 11時間前
ノムさんと出会う前は大きいのは打つけど確実性がなく新庄と三振争いしてたけど出会ってから明らかにミート中心の延長がホームランとなり、率も上がった。現役最終打席のミコライオの豪速球をホームランしたのは忘れません

9: 風吹けば名無し yam***** 15時間前
進次郎のホームラン、放物線を描いてスタンドインする打球と振り切った後の姿が凄い好きでした。

10: 風吹けば名無し whx***** 13時間前
応援歌もよく覚えてます

11: 風吹けば名無し yuukokuressihiman 12時間前
体幹がしっかりしている故に、背中を丸めながら腕力だけで振っていたのが2001年前までの桧山さんやったかな...。

「2001年は膝で変化球を拾った1年でした」は2002年開幕戦前のコメント。
屈むことなくスッと打席に立ってて、本当にかっこよかった。

14: 風吹けば名無し goree50 15時間前
人との出会いは貴重ですな。
ことプロ野球の世界では良き指導者に巡り合わなきゃいけない。

18: 風吹けば名無し kin***** 24分前
2001年以降はホームランはあまり打てなくなったがシュアで勝負強い打撃で4番をこなしてくれましたね

阪神でいつか監督やってほしいなぁ



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2021年12月27日 22:46 id:42q3P6wP0
      確かに2003日シリではチャンスでショートの頭を越えるヒットが多いのが印象的やった
      でも毎年開幕時は控えやのに何やかんやで結局4番やらされてたんは可哀想やった
      もし東京ドームがホームで6番固定なら毎年30本打ててたんやろなぁ
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット