NPB
1: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:46:39.75 ID:UqJIwbvBd
10位:田中将大が8年ぶりに楽天復帰
 21年のシーズン開幕前、最も話題を集めた男が、楽天の“レジェンド”マー君だった。13年に24勝0敗というアンタッチャブルレコードを記録してチームを史上初の日本一へと導いた後、MLBヤンキースで7年間プレーして通算78勝を記録した右腕。FAとなって去就が注目され、多くの選択肢があった中で「震災から10年。何か自分にとって意味のあるタイミングなんじゃないかなと思った」と古巣復帰を決断。「ワクワクを抑えられない」と仙台のマウンドに8年ぶりの帰還を果たした。開幕後は、味方打線の援護を欠く試合が続いて4勝9敗に終わったが、来季はこの“借り”を必ず返してくれるはずだ。

2: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:47:01.53 ID:UqJIwbvBd
9位:阪神・佐藤輝明、1試合3ホーマー
日本全国にその名を轟かせた阪神の怪物ルーキー。5月28日の西武戦(メットライフ)に「6番・ライト」でスタメン出場すると、2回に第1打席で高橋光成の外角フォークに体勢を崩されながらも右手一本でバックスクリーンへ運ぶ先制の11号ソロ。さらに6回の第3打席でも再び高橋から、今度は内角144キロのストレートを左中間スタンドへ12号ソロ。そしてトドメが9回の第5打席、ギャレットの高めの154キロを完璧にとらえ、右中間最深部へ突き刺す13号3ランを放った。1試合3本塁打は、新人では史上4人目、長嶋茂雄以来という快挙だった。

3: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:47:14.38 ID:UqJIwbvBd
8位:オリックス、25年ぶりパ・リーグ制覇
 1996年を最後に12球団で最もリーグ優勝から遠ざかっていたオリックス。常々、「個人能力は高い」と言われながらもチームとして結果が出ず、6年連続Bクラス&2年連続最下位で迎えた今季も前評判は高いものではなかった。案の定、交流戦前までは借金4(18勝22敗7分)と苦しんでいたが、若手の台頭とともに投打がかみ合い始め、6月以降に一気に調子を上げて交流戦で優勝、球団37年ぶりの11連勝を飾って首位浮上。後半戦は若きエース・山本由伸が自身15連勝を飾った中、中嶋聡監督の「全員で勝つ」の野球で激しい優勝争いを制し、10月27日、四半世紀ぶりの胴上げを味わった。このチーム特徴のひとつが「若さ」。まだまだ伸びしろを残している。

4: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:47:33.24 ID:UqJIwbvBd
7位:ヤクルト、6年ぶりリーグ優勝&20年ぶり日本一
 就任2年目の高津臣吾監督に率いられたヤクルト。開幕3連敗スタートも徐々に調子を上げて前半戦を3位で折り返すと、9月中旬から白星街道を突き進んで巨人、阪神を追い抜くと、10月26日のDeNA戦(横浜)に勝利し、その後2位阪神が敗れたことで6年ぶりのリーグ優勝。パ・リーグを制したオリックス同様、2年連続最下位だったチームに対する前評判は低く、開幕前の順位予想ではほとんどの解説者が「最下位」or「5位」としたが、高津監督の「絶対大丈夫」というメッセージのもとで一致団結し、見事な“下克上V”を成し遂げた。さらにCSも突破した後の日本シリーズでは連日の激戦を制し、20年ぶりの日本一に輝いた。

 



5: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:47:46.27 ID:UqJIwbvBd
6位:大谷翔平、球宴で二刀流&HRダービー出場
 歴史的快挙だった。現地時間7月12日(日本時間13日)、MLBオールスターゲームのホームランダービーに大谷翔平(エンゼルス)が日本人として初出場。優勝オッズ1位で最も注目された中、1回戦でフアン・ソト(ナショナルズ)と再延長までもつれ込む激闘の末に敗れたが、6本の500フィート(約152メートル)超えアーチを放ってファンを大いに沸かせた。その翌13日(同14日)には、史上初めて「二刀流」としてオールスターゲームに出場。「1番・DH」で先発出場し、打席では2打数無安打も、マウンド上では1イニングを三者凡退に抑え、2019年の田中将大(ヤンキース)以来、日本人選手2人目の勝利投手となった。

6: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:47:57.87 ID:UqJIwbvBd
5位:中日・木下雄介投手が27歳で死去
 訃報が報じられたのは8月6日。中日球団が、チームに所属する木下雄介投手が同3日に死去したと発表した。大阪出身で四国IL・徳島から16年育成ドラフト1巡目指名で入団した同選手は、威力抜群のストレートを武器に18年に支配下登録されると、同年4月15日にプロ初登板、20年9月5日にはプロ初セーブをマークした。しかし、21年の開幕直前に右肩脱臼から肩と肘を手術し、再起へ向けてリハビリに励んでいた最中、7月6日にナゴヤ球場で倒れて救急搬送。意識不明の状態のまま、約1カ月に渡って懸命の治療が続けられたが、8月3日に逝去。27歳の若さだった。家族の意向で死因などは伏せられたが、突然の深い悲しみがチーム、ファン、球界全体を包むことになった。

7: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:48:09.48 ID:UqJIwbvBd
4位:中田翔、巨人に電撃移籍
 急転直下の移籍劇だった。日本ハムの4番として活躍し、かつては侍ジャパンの主砲でもあった球界を代表するスラッガー。今年8月4日にチームメートへの暴力行為を働き、同11日に日本ハム球団から無期限の出場停止処分を受けた矢先の同20日、巨人への無償トレードが発表された。日本ハムの栗山英樹監督が「正直、このチームで(復帰)は難しいと思っている」と放出を示唆し、それに対して巨人・原辰徳監督が救いの手を差し伸べた形となったが、わずか9日間での処分解除に対しては批判の声も多く上がった。当の中田は、入団2日後の8月22日のDeNA戦で“再起への1発”を放ったが、その後は打撃不振で2度の2軍落ち。出場34試合で打率.154、3本塁打、7打点と結果を残せなかった。

8: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:48:34.31 ID:UqJIwbvBd
3位:新庄ビッグボス誕生、日本ハム新監督に就任
 オフの話題を一気にさらったのが“新庄ビッグボス”だった。日本ハム・栗山英樹監督の後任人事が注目されていた中、10月29日に球団が新庄剛志氏の監督就任を正式に発表。6日後に行われた就任会見では、ワインレッドのスーツから高さ10センチの巨大な襟を立たせたド派手な姿で登場し、「これからは顔を変えずにチームを変えていきたい」、「僕がプロ野球を変えていきたい」、「優勝なんか一切目指しません」などの“新庄節”を次々さく裂させ、「監督って呼ばないでほしい。『ビッグボス』でお願いします!」と高らかに宣言した。会見は民放地上波でも生放送され、SNS上などでもまたたく間に「新庄ビッグボス」が拡散されることになった。

9: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:48:52.76 ID:UqJIwbvBd
2位:侍ジャパン、東京五輪で悲願の金メダル
 悲願成就だった。一時は開催も危ぶまれた今夏の東京五輪。「野球」競技は08年の北京大会以来の復活となった。チームを率いたのは稲葉篤紀監督。7月28日の初戦でドミニカ共和国を逆転サヨナラで下した後、メキシコ、アメリカ、韓国に勝利して決勝進出を果たすと、アメリカとの再戦となった8月7日の決勝戦でも緊迫した展開の中で村上宗隆の先制ソロと吉田正尚のタイムリーで奪った2点を、先発・森下暢仁から計5投手の継投で守り切り、2対0の勝利。日本が、正式競技採用後では初となる金メダルを獲得した。全5試合に出場して打率.350、1本塁打、7打点、3盗塁をマークした山田哲人が大会MVPを受賞。山本由伸、甲斐拓也、坂本勇人が大会ベストナインに選出された。

10: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:49:18.15 ID:UqJIwbvBd
1位:大谷翔平、満票でア・リーグMVP
 21年の象徴は、やはりこの男だ。MLBの最優秀選手(MVP)が現地時間11月18日(日本時間19日)に発表され、ア・リーグでエンゼルス所属の大谷翔平投手が1位票30の420ポイントを獲得。日本人としては01年のイチロー以来2人目のMVP受賞。そしてMLB史上19人目の“満票受賞”となった。今季の成績は、打者として155試合に出場して打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁、投手としては23試合に先発して9勝2敗、156奪三振、防御率3.18。MLB挑戦4年目、27歳でのMVP“満票受賞”に「(満票は)ちょっとびっくりしたというか、良かったなという気持ち」、「また来年頑張ろうという気持ちに、さらになった」と話し、来季以降のさらなる活躍を誓った。

12: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:49:33.79 ID:UqJIwbvBd

13: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:49:46.56 ID:RQ95+zez0
おまけなし、有能

16: 風吹けば名無し 2021/12/31(金) 15:50:45.93 ID:7T7P0IzHa
普通に納得ランキグン


引用元: http://2chspa.com/thread/livejupiter/1640933199


    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット