a
 今季限りでの現役引退を表明したオリックスの能見篤史投手兼任コーチ(43)は、20年まで在籍した阪神の後輩たちのキャリア形成に少なからず影響を及ぼしてきた。師弟関係だった岩貞祐太投手(31)、プロ入り前に交流のあった才木浩人投手(23)がその存在の大きさと感謝を口にした。

 普段は冗談の多い男が感傷的だった。「ちょっと“しらふ”ではきついです…寂しい」。岩貞は、その質問に肩を落として、そう言った。能見篤史の引退――。それは9年目左腕にとって決して小さなことではなかった。

 「僕がプロ野球選手の一歩目を切るための準備を一緒にしてくれた。僕の基礎、地盤は全て能見さんに教えてもらったこと」。プロ入り前から目標だった。横浜商大2年時、不調に陥った際に参考にしたのが同じ左腕で阪神のエースだった能見の投球フォーム。13年、ドラフト1位で入団が決まり「能見選手を目指す」と口にしたのも自然な流れだった。

 プロ2年間で結果が出ず、オフに弟子入りを志願。16年1月から始まった“チーム能見”での自主トレが分岐点になった。下半身主導の投球フォーム、チェンジアップの習得…助言をもとに手にした武器は少なくない。そのシーズンで自己最多の10勝。その後、浮き沈みこそあったが、今年8月には国内FA権も取得した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5f6ff3ccfd7d1f5a412c7a8324bba489ec957c5

 



この記事の反応

・美しいフォーム、かつポーカーフェイスで淡々と投げる能見篤史投手。
特に全盛期には巨人相手に三振を奪う姿に惚れ惚れした阪神ファンはたくさんいたのではないでしょうか。
更に、投手には珍しいバッティングマーチをもつ能見さん。
晩年は中継ぎに回りバッティングマーチを歌う事はほぼ無くなりました。
そんな中、岩貞投手、才木投手、岩崎優投手に多くの弟子が開花しました。
来季はオリックスの投手コーチに専念されるのかと思いますが、いつかは阪神の投手コーチに戻って欲しいと多くの阪神ファンが待ち望んでいます。

・↑私も能見さんの快投に惚れ惚れしたクチです。
巨人にシーズンで負け越してばっかりだった頃
能見さんの奪三振ショーでようやく少し溜飲を下げることができましたよ。

・こうして、回り道をした方ほど、えてして、いい指導者になります。あの細身の身体を上手に使う投球術は、指導の源泉になる筈です。人望もあるようですし、次は、名投手コーチを目指していただきたいです。佐藤義則さんのように、各球団から引っ張りだこになるようなコーチになれるといいですね。

↑なれます。虎の14は永遠のヒーローです。

・能見と鳥谷は残して欲しかったなぁ…
まぁ球団内では我々の見えない事も多いと思うのだけどファンとしては生え抜きの看板選手だったし、最後も阪神でセレモニーやって未来の監督候補になる選手だと思っていた。
綺麗なフォームからのキレのあるボールはもちろん、東京ドームでのホームランは実際に球場で見てて興奮したのも覚えている。
能見選手、本当に大好きな選手でした、今までありがとう。

・能見現役お疲れ様でした!
勢いよく腕を振ったキレのある球が好きだった。スタンリッジ、メッセンジャー、能見が旬だった頃の安定感、安心感は半端なかった。東京ドームで初HR打ったのも印象に残ってる。
記事を読むといいコーチになりそうな予感。ぜひタイガースに戻ってきて、岩貞、才木をはじめ、たくさんの若手の兄貴、いや親父になって欲しい。

・能見投手は、そのフォームの美しさだけではなく、野球に対するひたむきな姿勢、他を気遣う人間性などなど、すべてが美しい、実績以上に名投手だと思います。いつか阪神に帰ってきて、能見投手のような後輩を育ててほしいです。

・能見自身、ウィリアムスに助言求めて開花、それこそ景色が変わったという話もあるし、アドバイスの重要性は誰よりもわかっているんだろうな。投手陣のレベルの高さは脈々と受け継がれる文化によるのかも。

今年は特にタイガースに関係のある選手の引退が多いな
能見さんはタイガースから移籍したけど、福留さん、糸井さんは他球団からの移籍
でも、みんなそれぞれ素晴らしい選手だったから、めちゃくちゃ寂しい



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年09月25日 20:33 id:kZ1Xp1bG0
      能見さん帰ってきてくれんかなぁ
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット