a
 残り3戦全勝での逆転クライマックスシリーズ(CS)進出へ、阪神が非情タクトにムチを入れる。甲子園で投手陣をチェックした金村暁投手コーチ(46)がゲキを飛ばしたのは、27日からのヤクルト2連戦に先発する青柳と伊藤将だ。

 「チームが勝つことが最優先。先発の頑張りでしょうね。ヤギ(青柳)と将司(伊藤)はよく分かっていると思うけど、1点でも取られたら代わるくらいの気持ちで投げていかないといけない。代わりたくなかったらゼロで抑えるしかない」

 ともにシーズンのラスト登板。青柳は単独13勝による2年連続の最多勝&最高勝率、さらには最優秀防御率の3冠がかかっている。伊藤将も新人からの2年連続2桁勝利がかかっている。だが、もうここまでくれば2人のタイトルや節目よりもチームの白星が最優先。1点でも取られたら、代わるぐらいのつもりで投げろ。それがいやなら0で抑え続けろ。7戦勝ちなしの青柳と2戦勝ちなしの伊藤将に奮起を促す意味でも、“何が何でも0封指令”が飛んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd3074fb1a2171b617bc9309d269a393ce270a2e

 



【この記事の反応】

・疲労がたまっているせいだと思うが、青柳や西勇の球威が落ちてきている。
精神力でどうのこうのという時代ではない。
長いイニングを考えての投球ではなく、すべて全力投球で行ってほしい。3回か4回、ヤクルト打線を抑えてくれれば、あとは豪華絢爛のリリーフ陣が控えている。

・金村コーチは自身が日ハム時代にヒルマン監督との間で個人記録に関してのゴタゴタを経験してるから、尚更説得力があると言うか、選手にとっては同じ過ちを繰り返さない良い道標になって貰えますよね。
阪神にトレードで来てからは、それほど活躍出来なかったけど、コーチとして十分すぎる貢献度ですね。新体制になっても手放さないで頂きたいです。

・個人の成績に配慮して墓穴を掘って落とした試合数は矢野さんが一番よくわかっているはずだろ

・さて、いよいよどこが王者ヤクルト相手に勝ち星を挙げられるのかにかかって来ましたね。例年に無くおもしろい最終盤になりました。各チームの選手各々に悔いのないプレーを期待します。

・投手陣はこれまでも十分すぎるほど貢献している。
それよりも奮起すべきは野手陣。
そして何よりも首脳陣。

投手陣の踏ん張りも大事だけど、野手が点を取らないとな〜
今シーズン完封され過ぎでしょう。


・>3戦全勝で逆転CS進出へ「1点でも取られたら代わるくらいの気持ちで」金村コーチ 今度こそ、そういう体制で臨んでほしい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年09月26日 20:51 id:G56244Rd0
      たまには中野で得点が入ってくれよ
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2022年09月26日 21:10 id:BtHzQ2ic0
      csに出るのが本来の目標なのか?
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット