a
 阪神・佐藤輝明内野手(23)が25日、今季限りでユニホームを脱ぐ、近大の先輩でもある糸井嘉男外野手(41)の称号「超人」の継承を誓った。この日は甲子園球場で行われた全体練習に参加。残り3試合となったチームでただ一人、全試合出場を継続する若き主砲が、2代目超人の襲名につながる一発で、矢野阪神を逆転CS進出に導く。

 偉大な先輩の期待には結果で応える。糸井は21日の引退試合後の会見で「超人」の称号を継いでほしい選手を問われると「テル(佐藤輝)に決まっている」と即答。そのやりとりを目にした佐藤輝は「結果を残していけば、周りが言ってくれると思う。結果を出して(超人と)呼んでもらえるように頑張ります」と決意をにじませた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/69f65b1237cf15cd4eec88269fcd13d656b30235

 



【この記事の反応】

超人継承の資質は十分だと思う。来季は好調時の糸井以上の活躍を目指して欲しいね。
本塁打王の今季は村上で決まりだが、来季は村上に追いつけ、追い越せの気持ちで活躍して欲しいがな。また、大きく、打撃成績の更新を来季に達成することも期待したい。
監督交代とともに、優秀な打撃コーチが就任してくれるならば、なおよろしいが…

今年が決して悪かったとは思っていないし、やはり阪神の長距離砲の才能が最もあるのは佐藤だなと感じた。
ただし、まだまだ課題は多い。
三振減って四球は増えたが、こう攻めておけば大丈夫だろうというパターンが未だに存在する。
特にインコース寄りの球をグシャって言う感じで詰まらされてサードフライというのが多すぎた。

・村上と比べられたり、求められてる理想が高すぎるから物足りない印象だけど、ルーキーから2年連続20本は普通に凄い。
現時点で本塁打数は去年の数字には届かないが、2年目のジンクスと言われるほど大きく数字を落とした訳でもないし、去年ほど深刻なスランプに陥る事もなかった。

・本塁打が昨年と違って全然出てないと思ってしまうが何だかんだ昨年より4本少ないがそこまで減ってる訳ではない。
それより打率と打点はかなり上がっているので順調には成長していると考えていいと思う。

・ホームランこそ数本減ってるけど、それ以外はしっかりと成績残してるし佐藤は凄く応援してる。推しとしては4番佐藤、5番大山が見たいし、1番近本で3番助っ人、将来的に前川2番も面白そう。難しい話だけど、特定の選手に限らずみんな成長してくれると嬉しいなぁ

残り三試合で、せめて、ホームラン三本ぐらいは!



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット