a
 6回、スタメン出場の北條史也内野手(28)がボールに食らいつき、左線を破る二塁打を放ち気を吐いた。塁上からベンチへ向かってガッツポーズ。しかしその直後、ベンチから代走を告げられると、北條の顔が一瞬ゆがんだ。

 絶対に勝たなければならない一戦。1ミリでもホームベースに近い足を持つ阪神・熊谷敬宥内野手(26)に、ベンチは走者を託したわけだ。北條も決して足が遅いわけではないが、熊谷は今シーズン何度も神走塁を見せてきた。北條はタッチを交わし、歓喜するベンチへ帰っていった。

 熊谷の見せ場は8回。DeNA・伊藤光の強烈な打球を三塁を守る熊谷は横っ飛びでキャッチ、長打のピンチを阻止した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a09bfda2dfffbd8d1880eaf45642c2c6d063168

 



【この記事の反応】

引き分けでは負けと一緒の試合で、2点差を跳ね返したのは大きいが、打の北條とともに守の熊谷のプレーも大きかった。
もちろん両方の近本はもっと素晴らしかったが。
とにかく、痺れる試合を3試合戦ってきたのは、ヤクルトに対してアドバンテージになるだろう。
勝っても負けてもこの3連戦みたいな好試合を期待したい。

・熊谷選手と近本選手のファインプレーがすごく大きかった。いずれもキャッチできてないと、ノーアウト2塁または3塁の大ピンチになるところだったからね。
ピッチャーみんな跨いで本当に大変だったから、みんなで助け合う感じ、それこそ一丸になってたね。勝ててよかった。

・熊谷選手はあまり目立っていないけど、守備と走塁に関してはチームで指折りの実力の持ち主。これで打撃が良くなればレギュラーを獲得しても全く不思議ではない。

・横浜に傾いていた流れを呼び戻したこの二人。
しかし北條はインコースを上手くさばいて三塁線を痛烈に抜く二塁打は見事だったし、熊谷はサードライナー横っ飛び好捕で素晴らしいプレーだった。

センターラインを固める為、岡田新監督は二遊間は打撃より守備重視と明言してる。熊谷にも十分チャンスは有る。

・北條、ケガしてなかったらレギュラーになってたかな。熊谷、今オフ徹底的に打撃を磨いて来シーズンこそレギュラー取って欲しい。

・今シーズンの熊谷は、出場は少なくとも貢献度はバツグン!昇給間違いなしですね。
打撃に力強さがでればレギュラーでやっていけます。

・北條はやっぱりラッキーボーイだわ!
チーム雰囲気を変える何かを持ってる。
慣れないポジションでのあのファインプレーは気持ちが出てましたね!

北條はこの短期戦のラッキーボーイになりそうな予感がするから使い続けて欲しいと個人的には思ってる。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年10月12日 05:38 id:gknzZHiP0
      9回に小幡がセンター前への打球に飛びついたのも隠れたファインプレーだったね。捕れなかったけど…
      神里が捕球するんじゃないかって一瞬躊躇してホームにいけなかった。
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット