a
 阪神・渡辺雄大投手(31)が25日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1150万増の1600万でサインした(金額は推定)。

 ソフトバンクを戦力外となり、阪神に加入。3月に支配下登録を勝ち取り、32試合の登板で3勝1敗、10ホールド、防御率2・45の好成績を残した。

 「キャンプの時は支配下になるということだけを見てアピールに必死だった。初勝利とかいろいろな経験をさせてもらったので良かったかなと思います」

https://news.yahoo.co.jp/articles/48c10038a4cd83f5a3b87b49fff2e25a87900185

 



【この記事の反応】

左キラーとして本当によくやってくれたと思う。右キラーの加治屋とセットでホークスを戦力外になったコンビが底力を見せてくれた。
さらに阪神の若手には左キラーとなりうる岩田、右キラーとなりうる岡留がいるので、リリーフ陣もとても楽しみ。

・↑元々、阪神の投手力はかなりあると思う。
そこに戦力外選手を獲得して、厚みを持たせるのは、なかなかのものだと思います。

・島本が復帰したが、やはり左のワンポイントではなべじいの存在が大きく感じる。
クワケンや加藤もそうだが、虎は投手の育成方法が上手いのか復帰を遂げてくれる。

・1イニング行けたら1番良いが、加治屋が右斬りのスペシャリストだし、勝ちパターンを休ませる時は二人で1イニングを抑えるのもありだと思う。遠山葛西スペシャルの再来で!!

・右の浜地、湯浅、石井、加冶屋、小林、岡留、ケラー、ビーズリー
左の岩崎、岩貞?、渡邊、島本、及川
全員使いたいが枠がない...
その中でも渡邊は左キラーとして優秀なので来年も一軍で投げる姿を見たいね

・ほんと、大幅昇給の活躍をしてくれたと思います。1イニングいってほしいですし、来年の今頃、もっと昇給する活躍を期待してます。

阪神の投手再生工場は令和でも健在だな
全員とは言わないが、こうも他所から拾ってきた投手が再活躍できる割合が高いのは伝統的にノウハウみたいなものがあるのだろうか

・ソフトバンク時代の努力が実を結びましたね。若手投手からは「ナベさんが居るから」と頼りにされてみえます。来季もブルペンのお目付け役として、奮闘なさって下さい。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年11月25日 21:59 id:YldRzRob0
      契約とは関係ないけど
      あご髭がなかったから写真みたら誰か分からんかった
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2022年11月26日 01:31 id:OLDXxfc10
      加治屋のことを加冶屋と書き込む人、わざわざ冶と打ち直してるのかな?
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2022年11月26日 08:56 id:.T8elOGt0
      >>2
      かじやで変換すると加治屋の前に加冶屋が出てくるで
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット